周遊バスで大阪観光!!添乗員が穴場も提案!!

周遊バスで大阪観光!!添乗員が穴場も提案!!

訪日外国人でにぎわっている大阪のビジネス街、北浜を金色の2階建てバスが走行しているのを見ることがあるだろう。

大阪市内の13停留所を周遊し、24時間以内であれば何度でも乗り降り自由の観光バスで、添乗員が大阪の穴場も提案してくれるということで話題となっている。

 

観光客だけでなく、大阪に住んでいる人でも楽しめる!?

一般社団法人One Osakaループバス推進機構(大阪市)が3月から運行を始めた観光バス「大阪ワンダーループ」は観光客だけでなく大阪に住んでいる人も楽しめるようだ。

停留所には訪日外国人にも対応し、英語、中国語、など5ヶ国語で記されており、和服姿の添乗員が出迎えてくれる。

乗車券兼ガイドブックは観光案内所やホテルで販売しており、これがあれが添乗員が書き込んだ時間から24時間以内であれば何度でもバスの乗り降りができるようになる。

バスは梅田を中心とするキタエリアから難波を中心とするミナミエリアまでの停留所を140分かけて周遊するとしている。

添乗員おすすめエリアは松屋町で、かぶとを身につけることができる人形店や食玩の卸問屋など普段は目に出来ないようなお店が並んでおり、小民家を再生したショップも並んでいる。

乗車券付きガイドブックには観光情報以外にも飲食店のクーポンなども掲載されているため、週末に手軽に大阪の街を楽しみたいという人にはぴったりだろう。

乗車券は午後から使用すれば翌日も使用することができるため、土日の2日にわたり使うということも可能となっている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

ノンアルコールビールがオフィスに!?サントリーが「オールフリー」の販売広げる。

beer

サントリービールはノンアルコールビール「オールフリー」の販売を広げるとしており、職場でのリフレッシュなど新たな飲用シーンを想定して、小型の専用自販機を企業のオフィスやレジャー施設に設置するとしている。   ノン […]

詳細を見る