ラーメンは「ズズッ」っと音をたてて食べて!!現地でも日本流を促す。

ラーメンは「ズズッ」っと音をたてて食べて!!現地でも日本流を促す。

日本で毎日のように話題となっているのが訪日外国人だ。

東京や大阪、京都などの観光都市への観光やグルメにとにぎわっている。

逆に、フランス・パリでも日本食を提供するカジュアルな店が増えており、最近では日本の味だけでなく、「日本流」の食べ方を薦めている店もあるようだ。

 

世界に広がる日本食文化。食べ方も含めて売り込む日本食。

今、フランス・パリでは畳の部屋で大人数で楽しむ居酒屋を展開したり、ズズっと音をたてて食べることを推奨するラーメン屋などが展開したりなど、日本料理店よりも敷居が低い店が若い世代の日本食ファンを呼び込んでいる。

パリの一風堂では『ZUZUTTO(ズズッと)』を渡される。

これはズズッと音を立ててラーメンを食べることを勧める説明書きで、フランスではスープや麺類を食べる際に音を立てて食べることはマナー違反とされているため「日本流」で食べ方も楽しんでもらうことを売り込んでいる。

オペラ座近くのラーメン店にはランチ、ディナー問わず、長蛇の列が出来ているが、そのほとんどが「パリ発」の店となっている。

しかし、最近では日本初のラーメン屋も目立っている。

日本食人気に乗るフランス人も増えており、京都の割烹で働いた経験から日本の食文化に興味を持ち、フランスに帰国後、日本酒とフレンチを組み合わせた新感覚の店を始めた。

その後は2010年にフレンチシェフの吉武広樹氏と「SOLA」を始め、2年後の12年にミシュラン1つ星をとった。

今年2月にはレストラン兼ブティックの「メゾン・ド・サケ」を開始。

昼は弁当販売を行い、夜からは居酒屋形式のレストランを展開している。

大テーブルではメーンダイニングの奥に畳敷きの個室も作り、日本の和の雰囲気を再現している。

パリでは日本酒も日本料理もまだまだ効果なため、より多くの人に気軽に味わってもらえるようにと展開をしているようだ。

日本人の食文化が今後も世界に広がり続けそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

移動スーパーのとくし丸をオイシックスが買収!!シニア開拓へ。

yasai

野菜宅配のオイシックスが今まで手薄だったシニア層の開拓に乗り出すとしている。 少子高齢化により増え続けている高齢者は、地方などではスーパーまで行くまで行く足がないため日々の食料の購入に苦労をしている。 そうしたことから、 […]

詳細を見る