マクドナルドの跡地にライバル店が次々出店!!潜むOBの戦略。

マクドナルドの跡地にライバル店が次々出店!!潜むOBの戦略。

ファーストフードチェーンといわれて何が最初に思い浮かぶだろうか。

ハンバーガーならマクドナルド、モスバーガー、バーガーキング、フレッシュネスバーガーなど…様々だ。

業績低迷が続くマクドナルドを尻目に、これらのハンバーガー各社が攻勢をしかけているようだ。

 

大量閉店の跡地をライバルが狙っている!!ハンバーガー業界の仁義なき戦い。

マクドナルドの立地に関しては業界屈指の好立地ばかりで、大量閉店となった今、跡地を次々と競合他社が狙っている現状が続いている。

もちろん、各社はマクドナルドの跡地に店舗を出店することで事業拡大を加速させたい考えだ。

大阪、日本橋の電気街に昨年12月1日にバーガーキング日本橋店が開業した。

ここてゃ9月末まではマクドナルドだった。

恵美須町駅出口に隣接している好立地だ。

マクドナルドは「マックジス」という独自のマーケティングのプログラムシステムを保有しており、その精度は外食産業屈指といわれている。

このマックジスは電子地図の上に国勢調査や商業統計、過去の出店データを組み合わせてシミュレーションするという。

特に採算性を考慮した出店判断ができることが特徴で、周辺のマーケットと過去の出店データかなどから新規出店した際の売上を予測し、小さいリスクで一定の収益を確保することが可能となっているという。

マクドナルド跡地には、こうした収益面でのメリットがあるだけでなく、以前も同業だったため床の防水加工の手間や電気配線、配水管、エアコンなど全てそのまま流用できるため早く出店できるのが特徴となっている。

こうしたバーガー各社の出店には実はマクドナルドOBが関わっているようだ。

バーガーキングを率いるのは、マクドナルドに30年以上勤務し、全社的な戦略立案た財務、フランチャイズ【FC】展開を担当し、役員まで務めた敬意を持つ村尾秦幸社長だ。

モスバーガーグループでは、マクドナルドで国際部門に携わっていた友成勇樹会長。

フレッシュネスバーガーは経営企画などを担当していた柴関修社長といったマクドナルドOBが攻勢をしかけている。

マクドナルドはターゲットを広げる価格設定で勝負を仕掛ける一方、他社は顧客層を絞って勝負を仕掛けている。

今後、出店の加速に伴いバーガー業界の仁義なき戦いは加速していきそうだ。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事