「かもしれない思考」って?人間関係のトラブルを解決する魔法のような思考。

「かもしれない思考」って?人間関係のトラブルを解決する魔法のような思考。

テレビで芸能人などが言いたいことを言っている、いわゆる「毒舌タレント」と呼ばれる人がいますが、なぜあの人たちは言いたいことを言っても好かれているのでしょうか。

はっきりと言ってくれるため信頼ができるといった側面もありますが、言っていることが全て好かれるとは限りません。

そこで、どうすれば言いたいことを言って好かれるようになるのでしょうか。

 

「かもしれない思考」が柔軟な人になるきっかけになる!?

頑なな人は当然ながら嫌われますが、柔軟な人はみんなに好かれます。

さて、いきなり「柔軟な人になろう」と思っても簡単に変わることができないと思います。

そこでおすすめしたいのが「かもしれない思考」です。

人間は「これが正しい」と思うと、それ以外を受け入れづらくなります。

たとえば「理系=頭がいい」と思い込んでいる人は「文型=頭が悪い」と思い込んでしまいますが、これは「ひとつの正解」に固執するあまり、それ以外の価値観を認めることが出来なくなっている状態といえます。

そこで、柔軟な人は「かもしれない思考」を使います。

たとえば「自分の考えは間違っているかもしれない」「もっと違う考え方があるかもしれない」といった別の角度から考えています。

 

「正解」は一つではない!?

「かもしれない思考」についてですが、あくまで考えを変えろという意味ではありません。

自分の考えを持つことは重要です。しかし、「正解」は必ずしも一つではないといったことを視野に入れることがポイントとなります。

 

自分の価値観を押し付けるのは柔軟な思考ではない。

服装であれ仕事であれ、人それぞれ価値観を持っていることでしょう。また、自分の価値観が必ずしも正しいものだと思い込んで、他人についついその価値観を押し付けてしまう人が居ますが、そういう人ほど「かもしれない思考」を身に付けることをお薦めします。

少し視点を変えて「自分の価値観を押し付けていないか?」「本人がそれで気持ちよく仕事ができるか?」など自分に問いかけることも重要です。

 

頑なな考えと柔軟な考え。

頑なな考えをする人と柔軟な考えをする人は年齢と共に二極化していきます。

長く生きていれば、その分経験も積んで、様々な人間関係を持ち、その分いろいろな価値観と出会うこととなります。

年齢をとるほどに「かもしれない思考」が難しくなりますが、「自分は価値観を押し付けているだけかもしれない」と今一度、考えることが豊かな人生を送るための第一歩になるでしょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

アスリートや就活生にゼリー飲料サンプル配布が広がっている!!

run

ゼリー飲料を手がける食品各社は、ターゲットや用途を絞り込んで売りこみを強化するとしている。 ゼリー飲料は夏場に需要が高くなるが、秋口になると鈍化することから、秋以降も飲んでもらえるようにユーザーにアピールをしていく。 & […]

詳細を見る