コンサートもVRで実現!?VRビジネスの可能性。

コンサートもVRで実現!?VRビジネスの可能性。

仮想現実(VR)をビジネスに応用するために模索する動きが活発に行われている。

ビデオゲームはもちろん、車の開発や二輪車の試乗体験、映画などVRを新しいビジネスに生かそうと試行錯誤を繰り広げているプロデューサーは多い。

そうした中、コンサートですらVRで行う動きが出てきました。

近くでアーティストのコンサートが楽しめる!?VRコンサートの可能性とは。

VRを使ったコンサートに注目が集まっている。

NextVRとLive Nationは数年以内に100を超えるコンサートをVRを使ってストリーミング配信する計画を発表しており、早ければ今夏にコンサートのVRを使ったストリーミング配信を始めるそうで音楽ファン達の間で期待が高まっている。

物理的に集客に限度があるライブ会場や、そもそも会場自体が遠くて行けなかったりすることもある。

また、日本国内まで来ない海外のアーティストも多く居る。

しかし、VRコンサートが実現すれば近くでお気に入りのアーティストのライブを近くで見れるようになるため場合によってはVRのほうが楽しめる可能性だってある。

VRの技術も少しずつグレードアップする傾向にあり、低迷する音楽業界に新たな楽しみ方としてVRでのコンサート体験が広がるようになることも想定される。

実際にコンサート会場に行ったことがない人でもVRであれば気軽に楽しめるようになるなど、VRを使ったコンサート体験の可能性はいろいろ考えられる。

ただ、残念なことは現時点ではGear VRが唯一の対応ヘッドセットとなるほか、臨場感のあるサウンドはやはりコンサートには劣るといった点だろう。

今後の技術の進歩に期待したいところだ。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】

 


関連記事

言葉のぼかし表現が浸透している!?

talk

あなたは「微妙」とい言葉を頻繁に使っていませんか!? 文化庁が発表した2014年度の国語に関する世論調査では、いいか悪いかの判断がつかない時には「微妙」という言葉を使う人は3人に2人は居るようだ。 また、断定を避けた表現 […]

詳細を見る