枕が変わると眠れないのには理由があった!!

枕が変わると眠れないのには理由があった!!

よく「枕が変わると眠れない」という人が多いが、あれは本当なのだろうか。

実は最新の研究結果によれば、この「枕が変わると眠れない」という現象には科学的な理由があったようだ。

 

脳が周囲の状況を警戒して眠れない!?枕が変わると眠れない理由とは。

2016年4月23日に発表された米科学誌「カレント・バイオロジー」(電子版)の発表によれば、慣れない場所で眠ることで周囲の状況を警戒するため、無意識のうちに物音が反応するようになり、ぐっすり眠れなくなるという。

研究には若い健康な男女35人に研究所の宿泊施設に2度宿泊してもらった。

全員が施設に宿泊することは初めてのことで、実験では睡眠中の脳はや脳活動で生じる微小な磁場の変化などを測定した。

初めの宿泊の際はノンレム状態といわれる深い眠り状態のときに複数の部位が活発に動いていた。

この動いた箇所は仕事中など集中している最中にふと物音に気づく時などに働く部位で、無意識のうちに周囲の状況変化に反応する機能を持つ箇所だった。

1週間後に改めて施設に宿泊してもらったところ、初回と違って睡眠中の左右の脳の活動に大きな差は見られなかったようだ。

今回の実験結果からわかったことは、人間も新しい環境では脳の半分が「起きている」ということだ。

渡り鳥やイルカも片目を閉じて脳の半分を休ませて「半球睡眠」をする。

これは完全に寝ると渡り鳥は墜落し、イルカは溺れるためである。

人間も同様に慣れない場所では警戒して半分覚醒状態にあることがわかりました。

今後、寝つきの悪い人や慣れない環境でもよく眠れるようになる方法を開発できるようにしたいとコメントしていたようだ。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事