TDR拡張により混雑緩和へ。新施設に改修費用に2500億円。

TDR拡張により混雑緩和へ。新施設に改修費用に2500億円。

子供から大人まで幅広く人気となっている東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)は毎回開場前から多数の人が列をなして、開場と同時に走って入場する姿が恒例となっている。

ゴールデンウィークや年末年始などの長期休暇などの時期には特に混雑しており、TDRはこうした混雑緩和のための拡張や新施設の設置などで多額の資金を投入するとしている。

 

夢の世界が広がる!?混雑緩和でより楽しみやすく。新施設も。

オリエンタルランドは東京五輪・パラリンピックが開催される年である2020年度までにTDRに2500億円を投資して大きく改修・拡張をすることを発表し話題となっている。

新しくできるアトラクションもあり、約1000億円をかけて映画「美女と野獣

などの大型アトラクションを建設するほか、毎年500億円の投資を続けるとしている。

東京ディズニーランド(TDR)には、20年度までに現在のトゥモローランドの「グランドサーキット・レースウェイ」と「スタージェット」をそれぞれ閉鎖し、新エリア「美女と野獣」を開業するとしているほか、TDL初の本格的なシアターも予定しているようだ。

夢の国にさらに楽しさが広がるとしており、業界関係者だけでなくファンからも熱い注目が集まっている。

東京ディズニーシー(TDS)は中心部にある「メディレーニアンハーバー」横の用地を拡張して新アトラクションとして「ソアリン(仮称)」を開業する予定だ。

映画「アナと雪の女王」については検討中となっている。

オリエンタルランドは2023年度までに5000億円を投資すると発表していたが、混雑度が高まっていたことから計画を変更したとしている。

TDLは開業30周年を超えて、老朽化も犬猿されていることから一部改修も行うとしている。

より楽しみやすくなったTDLを楽しめる日が待ち遠しいところだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

うどんの「ふうふや」多店舗化。

うどん

クリエイト・レストランツ・ホールディングス傘下で和食としゃぶしゃぶの「かごの屋」を展開しているKRフードサービスは、うどん中心の和食店の多店舗化のために、大阪市にあるKRフードサービスで運営ノウハウを蓄積していた。 年間 […]

詳細を見る