中国で日本の居酒屋がフランチャイズチェーン展開開始!!

中国で日本の居酒屋がフランチャイズチェーン展開開始!!

日本では馴染みの居酒屋は仕事帰りのサラリーマンから大学生など様々な人の憩いの場として親しまれている。

その居酒屋チェーンのKUURAKU GROUP(千葉県)は海外でフランチャイズチェーン(FC)店の展開に乗り出すとしている。

 

海外で焼き鳥を居酒屋で提供!!来年を目処に1号店を中国に!!

海外で開業を目指す外国人を対象に焼き鳥の焼き方や経営のノウハウを教える研修も行い、今後、アジアを中心としたFC展開を行おうとしている。

さらに日本式居酒屋の開業を目指す外国人を対象とした研修「YAKITORIアカデミー」も開業し、焼き鳥の焼き方や衛生管理方法などをレクチャーするとしている。

同社の社員らが国内の店舗を使って1ヶ月間トレーニングを行い、規定の技術水準を満たした場合、認定証を渡して、海外で2週間、経営に関するコンサルティングも手がけるとしている。

中国人1人が既に研修を終えており、現地で居酒屋開業に向けて準備を進めている。

2020年の東京五輪・パラリンピックの関係もあり、中国人が増加傾向にあり、現地での日本食ブームが起きることも考えられている。

研修費用は日本での1ヶ月の研修と、海外でのコンサルティングを含めて100万円~200万円ほどとなっている。

また、日本語を話せなくても同社のスタッフの15%は外国人のため英語や中国語を始め、複数言語で受けられるようになっている。

今後は未開拓の中国をはじめ、東南アジアや中東なども視野に入れていくとしている。

日本の食文化がさらに世界に拡大するきかっけにもなりそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

生活保護受給者は神様!?介護を悪用した貧困ビジネスとは。

house

一般的に、高齢で介護が必要かつ生活保護を受けている低所得者は特別養護老人ホーム(以後、特養)に入所されるはずだが現実はそうもいかない。少子高齢化社会が嘆かれている日本では、どこも特養は満杯状態で溢れた高齢者は介護度の関係 […]

詳細を見る

七夕はカップルでサンリオピューロランドに来場すると割引に!!

star

早くも今年も1年の折り返しで、子供達は下旬から夏休みにはいるところが多いだろう。 そうなると各地の行楽地やレジャー施設、テーマパークでは多くの人に溢れかえることになる。 しかし、主な顧客は子供連れの家族で、どちらかと言え […]

詳細を見る