70歳のシニアもベテランとしてパート勤務で戦力に!!ライフやマルエツが人手不足対策。

70歳のシニアもベテランとしてパート勤務で戦力に!!ライフやマルエツが人手不足対策。

少子高齢化により深刻な人手不足になりつつある。

そこで注目されてるのがシニアの再雇用だ。

既に日本全国に浸透しつつあるが、その多くは60代の現役を退職したばかりの人であることが多い。

食品スーパー大手においては、70歳以上のシニアでも働くことができる場を広げるとして注目されている。

 

雇用条件緩和で人手不足を解消!!ベテランシニアも活躍!?

ライフコーポレーション 優秀な人材は70歳を超えても継続雇用
マルエツ 同上
カスミ 定年を67歳から70歳に延長
マックスバリュ 定年と新規採用者の年齢制限を70歳に
コープさっぽろ 65歳まで定年を延長し、働き方や賃金体系は変えず

ライフコーポレーションやマルエツは雇用条件を緩和して、70歳を超えたシニアであってもパート従業員として働けるようにした。

定年を65歳から引き上げる動きも出ており、政府も高齢者雇用を後押ししている中、シニアを生かした集客を行うとしている。

 

ライフコーポレーションのシニアの雇用について。

健康なパートを対象として、70歳以上であっても雇用できるように規制を緩和した。

本来、パートの定年は65歳で、5年間延長できる制度があり、働く意欲のあるシニアを中心に順次雇用しているようだ。

シニアの継続雇用は明確な雇用期間は決めず、賃金体系は現在の契約を引き継ぐとしている。

 

マルエツのシニアの雇用について。

マルエツは2015年度から70歳以上のパートを活用しており、雇用契約を終え、傘下の人材派遣会社に登録してもらうこととなる。

既に41人がレジ打ちや鮮魚加工などの業務を行っている。

 

マックスバリュやコープ、カスミの雇用について。

マックスバリュ中部は、他社と同様にパート社員の定年を65歳から70歳までに引き上げており、新たにシニアのパートを雇用する際も同様に引き上げる。

コープさっぽろ(札幌市)は16年度よりパート・アルバイトの定年を60歳から65歳に延長している。

カスミについても同様だ。

政府も定年退職の引き上げを企業に促すなど、シニアの雇用を後押ししているため、今後さらにこうした動きが拡大していくと見られている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】

 


関連記事

夏の朝方勤務対象者が22万人!?

suit

最近テレビでよくいわれている「ゆう活」が7月1日より始まった。 この「ゆう活」とは、安部晋三首相が呼びかけで国家公務員を対象に行われることとなった朝型勤務のことで、全国家公務員51万人のうち4割強にあたる約22万人が実施 […]

詳細を見る

移乗の強い味方、「介護リフト」!正しい活用で負担軽減を!

info37

介護者の悩み・・・腰痛 日常的な介護の中で欠かすことの出来ない動作と言えば移乗でしょうか。ベッドと車椅子間の行き来や入浴時など、1人で移動する事が難しい高齢者の方を介助する際は、必須とも言える動作です。とはいうものの、人 […]

詳細を見る