介護施設や病院に健康食の冊子を配り販促!!高齢者食の市場争奪戦。

介護施設や病院に健康食の冊子を配り販促!!高齢者食の市場争奪戦。

キユーピーは業務用の高齢者向け冷凍食品を、介護施設へのヒアリングをもとにしたアレンジメニューの冊子を全国の介護施設へ送付する。

また、森永乳業子会社のクリニコ(東京・目黒)も高齢者の低栄養防止を訴える冊子を配布しており、今、高齢者食の市場争奪戦が激化している。

 

簡単調理の冷食に退院後の食事提案。介護施設や病院を対象に。

キユーピーや森永乳業子会社のクリニコなどで高齢者食に関する市場争奪戦が勢いを増しているようだ。

キユーピーが販促しているのは「冷凍やわらかおかず」シリーズで、肉じゃがやビーフシチューなどの定番人気メニューなどを高齢者でも食べやすい柔らかい食感にした冷食で提供する。

対象は病院や介護施設で、献立に食わえることで調理の手間を省くことができるようになっている。

また、商品を使ったアレンジメニューを冊子にまとめ、約2万施設に送付して使いやすさを訴える。今後は家庭用商品の販売も検討しているそうだ。

一方、高齢者向け栄養食品を手がけるクリニコは低栄養防止を訴える冊子を病院や介護施設に10万部配布し、自宅に戻った後の栄養管理を訴えるとしている。

同社はたんぱく質などの栄養素を補給するパック入りのゼリー状飲料水を販売している。

冊子を通じて高齢者に対して栄養への関心を促し、栄養飲料水への販促に繋げる狙いがあるようだ。

少子高齢化が加速している現代において、高齢者を対象とした高齢者食の市場争奪戦は今後さらなる激しさを見せそうだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

ICタグを利用!子どもの登下校の見守りに!

info34

子どもを狙った犯罪が多発する昨今、如何にして子どもの安全を確保するべきか、保護者や学校、地域にとって大きな課題となっています。 広く行われている活動といえば、ボランティアによる通学路の見回りや地域住民による声かけ(挨拶) […]

詳細を見る

SNSを利用したマルチ商法が中国で広まる。

maruti

交流サイト(SNS)の普及により、今、中国ではスマートフォン(スマホ)を使った「マルチ商法」が拡大しているようだ。 中国でのマルチ商法の仕組みは交流サイト「微信(ウィーチャット)」で顧客を勧誘しているそうだ。 実店舗やネ […]

詳細を見る