誤解されやすい言葉に気をつけよう!!言葉の配慮の方法。

誤解されやすい言葉に気をつけよう!!言葉の配慮の方法。

言葉にするまでの事情や気持ちなど、本人にしか正確なことはわかりません。

そのため言い方一つで人間関係を良くも悪くもします。

もちろん、周りから好かれる人は言葉の配慮がしっかりできており、むやみに相手を深いな気持ちにさせる言葉を選んだり、相手を傷つけるような言い方をせずに自分の要望も角を立てずに上手に伝えることができます。

 

気持ちのすれ違いを防ぐ言い方って?

ついうっかり使ってしまいがちな言葉の中には空いてを不安にさせるような内容で溢れている。

一体どういったものがあるのだろうか。

 

「とりあえず」は不安になる言葉。

「とりあえず」といった言葉を使う機会が多いと思いますが、できるだけ避けるようにしましょう。間に合わせのような意味が感じられるほか、相手のモチベーションを下げたり、不安にさせることにつながります。

本来、「とりあえず」は最優先にする意味合いがありますが、そういった本来の使い方をされることは少なくなっています。

もし「とりあえず」を使うときは、なにをもって「とりあえず」と使おうとしているのかを明確にして相手に伝えるべきかと思います。

相手が誤ったとらえ方をしないように注意する必要があるでしょう。

 

「すみません」より「ありがとう」を使おう!!

「すみません」は謝罪や感謝の意味合いで使えるため非常に便利な言葉のため、ついつい癖のように使ってしまいますが、あまり使いすぎると多様リない人といった印象を抱かせます。

また、どちらかといえばネガティブな意味合いが強い印象を受ける言葉ですので、感謝の際は素直に「ありがとう」と伝えたほうが良いでしょう。

周りの人への感謝の気持ちは信頼関係にも繋がります。

 

「~がいっていたよ」と褒めることが重要!?

人は面と向かって褒められるよりも、人づてに聞いた褒め言葉のほうが嬉しく感じます。

そこには信憑性もあることが関係していると考えられており、さらに自分の気持ちもその中に込めることで相手に余計な詮索をされることもありません。

 

「けっこうです」は上から目線として受け取られる。

丁寧な言い方に聞こえる「けっこうです」は、実は上から目線として受け取られることが多い。

相手との関係性の中でふさわしい言葉選びが大切です。

たとえば、買い物中に「当店でカードをおつくりになりますか?」と聞かれた際には「けっこうです」でも問題ないかと思います。

「~しましょう」は同等な仲間目線の言葉ですので、上司に飲みに行った際は「部長、また飲みましょう」ではなく、「またご一緒させてください」など相手を立てるのがポイントとなります。

 

「言葉が足りず失礼しました」は謝罪ではない。

失礼なことに対して謝罪のつもりで「言葉が足りず失礼しました」は間違ったことしか認めていないといった印象を受け、さらに不快な気持ちになります。

相手が気分を害したときは、自分の想いが至らなかったことや、謝罪の気持ちとして「申し訳ありませんでした」と伝えることが重要になります。

 

好かれる人が使わない言葉についてご紹介しました。

少し言い換えるだけで印象が良くなる場合がありますので、声に出す前に一度考え直すと良いでしょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事