ビジネスシーンでも使える香水はシトラス系!?好印象を与える香水とは。

ビジネスシーンでも使える香水はシトラス系!?好印象を与える香水とは。

ビジネスにおいてもプライベートにおいても見た目は第一印象を左右するのは清潔感だろう。

髪型や無駄毛の状態などのが一番に頭に浮かぶと思うが、忘れがちなのが香りではないだろうか。

目に見えないだけあって見落とし勝ちな香りは上手く使えばビジネスシーンでも活用できる。

イメージアップするための香りの選び方はどうすればいいのだろうか。

 

香りは見た目同様に第一印象に影響する!!デキる男は見えないところにもこだわっている!?

人は良い香りに好印象を抱きやすいです。

そのため、香水はファッション同様に自己演出のためには欠かせないアイテムになりますが、一歩使い方を間違えると「香水がキツイ人」という最悪な印象になりかねません。

そうならないように香水の基本や選び方について覚えておきましょう。

 

香水と一口に言ってもジャンルは複数ある!!

香水は日本では総称とされており、細かく分けるとオーデコロン、オードトワレ、オードパルファム、パルファムの4つとなります。

それぞれ香りの持続時間が違い、用途やシーンによって使い分けることがポイントとなります。

 

【オーデコロン】賦香率が3~5%と4種類の中で最も低いため、香りの持続時間は1時間程度です。香水が始めてという人にも使いやすいのでお薦めです。

【オードトワレ】賦香率が5~10%で、普段使いにぴったりです。3時間程度持続するため、仕事中と仕事終わりで香りを変えるのも面白いです。

【オードパルファム】賦香率が15~25%で5時間程度持続します。香りはパルファムのように深みがあります。

【パルファム】賦香率が15~25%で、5~7時間は持続します。1滴で十分香ります。

 

香調はシーンに合わせてチョイスしよう!!

男性用で比較的種類が豊富な香調は次のようになっています。

 

【シトラス】柑橘系の香りで香水の定番です。フレッシュで爽やかな印象を与えることができるため、ビジネスシーンでも最適です。

【シプレ】柑橘系の香りに樹木の香りを加えた温かみのある香りで紳士的な印象となります。

【オリエンタル】香油、樹脂、スパイスなどを調合したエキゾチックな香りで、ドレスアップするようなシーンに最適です。

【フゼア】「ラベンダー」「クマリン」などをベースにした香りで、爽やかさとセクシーさを兼ねそろえた印象を与えることができます。

 

ビジネスシーンに合わせるにはどれがいいの?

プライベートで香水をつける際は自分が好きなものを選べば良いですが、ビジネスシーンにおいては多くの人に好まれる香りをつけることが望ましいです。

そこで、ビジネスシーンで好印象をもたれやすいのが、柑橘系がベースとなるシトラスやシプレの香りとなります。

シトラスは集中力を高めてくれる香りでもあるので、ビジネスシーンにも最適です。

 

香水をつける時のポイントって?

香水はつけすぎると逆効果です。

ふんわりと香りをまとうことができ、近づいた際にほんのり香りがするといったくらいがベストです。

香水をつける際には耳の裏やひじの内側など体温の高い場所につけることで、香水のアルコール分が揮発するため、効率よく香りをたたせることができます。

また、手首などにプッシュして擦り付ける人も多いですが、本来の香り成分を潰すこととなるので、やさしく当てる程度にして馴染ませるようにしましょう。

よりさりげなく香らせたい場合は、腰周りや足につけても良いでしょう。

背中や太ももなど、体温の高いところにつけることがポイントとなります。

アキレス腱の辺りにつけることで、歩くたびに自然に香りがたつようになるため、夏場などの軽装時には効果的です。

 

香水をつける時間にも注意しよう!!

忘れてはならないのが、香水をつける際の時間です。

香水は複数の香料で構成されており、肌にふれてから香りやすい成分から順番に揮発していき、香りが変化をしていきます。

一般的に3段階の変化をするため、香水を購入する際もラストノートまでしっかり確認してから購入することをお薦めします。

尚、香水は生ものであり消費期限は未開封のもので3年、開封後は1年で使い切ることが理想的です。

上手く香りを使い分けて、ビジネスシーンでも好印象を与えましょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

糖尿病予防を泊りがけで指導!?

hospital

もはや現代病とも言われているメタボリック症候群にならぶ糖尿病だが、もし糖尿病の疑いがあったとしても具体的にどのように対策をすれば良いかということを知っている人は少ないだろう。 そんな人におすすめなのが糖尿病予防を泊りがけ […]

詳細を見る