65歳までは必ず働ける!「高齢者雇用確保措置」って何?

高齢者雇用確保措置日本の総人口に占める65歳以上の割合が25.9%と、4人に1人以上が高齢者である現在、高齢者の雇用確保は重要な課題の一つとされています。一般的な定年である60歳から年金支給開始年齢までの間に無収入の期間が生じる事は、高齢者の生活基盤を不安定にすると言われているためです。
平成16年に改正された「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」は、65歳未満の定年を定める事業主に対して、65歳までの雇用を確保する為の措置の導入を義務付けています。

高齢者雇用確保措置とは

事業主に義務付けられている措置は、(1)定年の引き上げ (2)定年制の廃止 (3)継続雇用制度の導入 のいずれかとなっています。一つずつ見ていきましょう。

(1)定年の引き上げ

定年を65歳以上に引き上げるものです。措置を講じている企業の15.6%がこの制度を導入しています。

(2)定年制の廃止

定年制度そのものを廃止するものです。本人が退職の意思を示さない限り、何歳になっても働き続けることが可能ですが、導入企業は2.7%と非常に少なくなっています。

(3)継続雇用制度の導入

従来通りに60歳で定年を迎えた後、同企業又はグループ企業にて再度雇用する制度を設けるものです。正社員の他、パートや嘱託社員など、制度上で雇用形態が変更と定められている場合があります。導入企業は81.7%に上り、多くの企業が継続雇用制度を導入していることが分かります。

これからの働く高齢者

就業者総数における高齢者の割合は年々増加しており、平成25年には10.1%と過去最高になりました。一方で生産年齢人口(15歳~64歳を指します)は緩やかな減少を迎えています。
今後は就業者数そのものが減少していくと予想されており、日本の労働生産性の低下が懸念されています。高齢者の就業は、高齢者個人の生活だけでなく、日本経済にとっても非常に重要とみられています。

【関連リンク】
[平成26年「高年齢者の雇用状況」集計結果]厚生労働省 link


関連記事

奨学金返済問題。生活に大きな影響も。大阪市の子供の貧困調査。

money

日本の経済は回復に向かっているという情報も飛び交うなか、本当に回復しているのかと実感が薄いという人も多いだろう。 節制した生活をしているにも関わらず経済回復に対する恩恵を受けることができていないと感じる理由には様々あるだ […]

詳細を見る