30代の時の体作りがシニア期に影響する!?体を縮めないための体作りをしよう!!

30代の時の体作りがシニア期に影響する!?体を縮めないための体作りをしよう!!

人間誰しも老化には勝てない。

老化により体がだんだん縮んでしまうが、これは30代の時の体作りに影響しているようだ。

老化は身体の形成、生理機能、心理状態など広範囲に変化をもたらしているといわれている。

さて、30代の身体づくりが大事ということだが、どういったところが重要になるのだろうか。

 

シニアになっても健康で元気な身体で居るために30代のうちにできることとは。

シニア期に発生する老化による身体ダメージを軽減するには、30歳ごろの骨格及び、骨格筋の成熟度のレベルを高める必要がある。

元気なシニアの10年間の身長の縮みを比較した縦断したデータでは平均年齢70歳、平均年齢80歳のそれぞれ10年間の変化を見たところ、それぞれ2~3.5センチメートルも縮むことがわかっている。

これには歪みによる縮みも影響している。

 

体の縮みや歪みの原因とは。

体が縮む原因はどこにあるのだろうか。

人間の体は骨格と筋肉で形成されており、これらを接合させている栄養素はたんぱく質だ。

実はカルシウムよりたんぱく質が骨をつくる栄養素の大半を占めている。

そして特にたんぱく質が多い部位が脊柱だ椎骨と椎骨の間に、特にたんぱく質の多い軟骨がある。

身長が縮む原因には、この脊柱の軟骨部分からたんぱく質が抜け落ちることで、軟骨がなくなるため身長が縮むとされている。

もちろん、骨格が小さくなることで、その周りの筋肉も細くなる。

筋肉の原料もたんぱく質であることから、簡単に言えば老化とは体からたんぱく質が減少していくことで、言い換えれば、栄養失調が老化である。

この老化を遅らせるためには30代のうちに健康づくりをすることが重要になってくるというわけだ。

より健康な老後を過ごすためにも今からできることを行いたい。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事