LINEが先着1万名にBOTアカウント開発環境を無償提供へ!!

LINEが先着1万名にBOTアカウント開発環境を無償提供へ!!

急速な勢いで成長を続けているのは、スマートフォン(スマホ)向け無料対話アプリ「LINE」だ。

LINE(東京・渋谷)は、LINEのメッセージAPIのオープン化に先駆けて、BOTアカウントを自由に開発できる「BOT API Trial Account」の無償提供を開発したことを発表しており話題になっている。

 

BOT開発ができるようになることで何ができるのか?

LINEは「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」において、ユーザーがLINEを起点として企業からのサービスを簡単かつ楽しく利用できるように「LINE」のビジネスプラットフォーム化に向けた「ユーザーと企業をつなぐオープン化戦略」を発表しており、その一環で、ユーザーと企業がリアルタイムでコミュニケーションがとれるように、LINEのAPIをオープン化していくことを発表していた。

そして先着1万名限定で提供されることとなったのがBOTアカウントを自由に開発できる今回のサービスだが、これは希望者がLINE@やLINE Loginなどの申込み・管理ができるLINEビジネス向けポータルサイトか「LINE BUSINESS CENTER」から、利用登録を行ってBOTアカウントの作成・開発を行うことができるようになる。

これにより、たとえばレストラン検索やスケジュールアプリと連携させたり、予定通知やクーポン発行を行うことができるようになります。

それぞれの企業で自由に開発ができるようになることで、ユーザーも企業もこれまでにないLINE上でのサービスや機能提供をすることができるようになります。

数多くのユーザーに普及してるLINEを活用することで、新たな可能性が期待されるところだ。

今後のBOTのアカウントを取得した企業のサービスの展開に注目していきたい。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

中小家電向け展示場で販路開拓を支援!

電球

中小電気店のボランタリーチェーンを運営するコスモス・ベリーズ(名古屋市)は、中小の家電メーカーやベンチャー企業向けに販路開拓支援のために、名古屋市の本社や東京都心にショールームを設けるという。   ユニークな商 […]

詳細を見る

梅雨の時期こそ職場に「涼」を!!

aloma

梅雨の時期はじめじめとした空気に加え、気温がジワジワと上がっていき不快さがどんどん増していく時期だ。 そうした中で仕事をしていると能率が落ちてしまいがち。 さらに熱中症の予防も必要になるということで、一体どんな工夫をすれ […]

詳細を見る