スマホ画面を拡大できるレンズ。シニア世代へのプレゼントへ。

スマホ画面を拡大できるレンズ。シニア世代へのプレゼントへ。

老眼は40代前半から始まることが多いと言われてきたが、その常識もスマートフォン(スマホ)の普及により大きく変わってきているようだ。

20代、30代でも「スマホ老眼」といったスマホやパソコンの酷使により細かい字が読みづらくなるといった症状が現れるようになっている。

そうした際に使って欲しいのがスマホ用拡大鏡レンズだ。

シニア世代へのプレゼントにも最適といわれる、このスマホ用拡大鏡レンズとは一体どんなものなのだろうか。

 

スマホに簡単設置で物理的に拡大できる!!

スマホは地図アプリで自分の現在地から目的地までを検索したり、ゲームや家計簿をつけることもできる非常に便利な物となっている。

そのため生活の必需品となっており、ついつい長時間使いすぎてしまうといった人も多いだろう。

そのためスマホ老眼になりやすい人が増えており、未然にそうしたスマホ老眼を防ぐためにも使って欲しいのがスマートフォン用拡大鏡レンズだ。

スマートフォン用拡大鏡レンズは、イヤホンジャックに差し込める伸縮可能な棒に、長方形のシート状レンズをくっつけた作りになっており、棒を伸ばしたり縮めたりすることで倍率を調整することもできるようになっている。

ポールジョイントは2箇所設置されているので、見やすい位置に調節する事も簡単で、スマホのアプリでピンチで拡大できない場合などに活躍することが考えられます。

本格的に老眼が進行している親などのシニア世代へのプレゼントとしても重宝しそうだ。

もちろん、今流行のスマホ老眼となっている人にとっても重宝する商品かと思いますが、見え方が楽になったからと言ってさらに目を酷使すると逆効果となるので、くれぐれも注意が必要だろう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

自宅を担保に年金を受け取り返済は死後!リバースモーゲージとは!?

info40

約3割が「ゆとりがない」「家計が苦しい」 平成21年度の「高齢者の日常生活に関する意識調査(内閣府/5年に1度実施)」において調査された、将来の日常生活についての不安の中で、自身や配偶者の健康状態・介護に並んで不安要素と […]

詳細を見る