ありそうでなかった!?モバイルバッテリー付き懐中電灯。

ありそうでなかった!?モバイルバッテリー付き懐中電灯。

スkマートフォン(スマホ)が必須となった現代、手放せないという人も多いだろう。

スマホば便利な反面、充電の消費が激しいといった側面がありスマホを使い込むにつれてどんどん充電の持ちが短くなっていく。

そうなると次に必要になるのがモバイルバッテリーだ。

今では2回フル充電ができるものなど様々なタイプが販売されているが、ありそうでなかったモバイルバッテリーに注目が集まっている。

 

見た目は懐中電灯、でもモバイルバッテリーに早変わり!?

モバイルバッテリーに懐中電灯が付いているものはありますが、逆に懐中電灯にモバイルバッテリーというものは珍しいのではないでしょうか。

「iEC 多機能LEDライト充電式懐中電灯」は懐中電灯にモバイルバッテリーが付いた製品となっており、他のモバイルバッテリー型懐中電灯との違いは、どちらがメインかといったところだろう。

この懐中電灯型モバイルバッテリーは外部にモバイルバッテリー関連のコネクタが一切ないシンプルなものとなっており、車のガラスを割るエマージェンシーハンマーのほか、シートベルトカッターも装着されています。カッターは安全な構造となっていますが、いざというときはしっかり効果を発揮できるようになっています。

モバイルバッテリーとして使う際には先端部を回して外すことで二分割されてUSBコネクタとインジケーターランプが出現するので、ここにUSBコネクターを挿すことでモバイルバッテリーとして使える仕組みになっています。

見た目は美しいといいがたいですが、普段持ち歩いていれば何かと便利な商品となっています。

一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

消費税増による際立つ節約志向

137

総務省の発表によると、去年の消費税の増税後に、低所得世帯では特に節約による支出削減が目立ったという。 前年比2.9%!? なんと2014年の家計調査によると、1世帯あたりの月平均の消費支出は物価変動の影響を除いた実質で前 […]

詳細を見る

年末年始の忘年会、新年会シーズンはアプリとサプリで上手に乗り切ろう!

sapri

これからの季節は忘年会に新年会などとお酒の席が増えることが予想され、飲みすぎ食べすぎが非常に心配される。また、せっかくの飲み会の場で盛り上げるためにいろいろ企画している方も多いのではないだろうか!? そんな飲み会シーズン […]

詳細を見る