海外のホテルやレストランで良い印象を与える客になる人って?

海外のホテルやレストランで良い印象を与える客になる人って?

ゴールデンウィークや年末年始など大型連休の際には海外旅行をするという人も多いだろう。

日本とは全く異なる文化圏で非日常的な生活を楽しむことができるのが海外旅行の醍醐味の一つだ。

また、海外のホテルやレストランなどにおいても日本の文化の違いを感じることだろう。

海外でも「良い客」と思われるに越したことはないが、一体そういう人たちにはどういう特徴があるのだろうか。

 

より素晴らしい待遇を受ける!?「良い客」と思われる人の特徴とは。

春も近づいてきた今日この頃、既にゴールデンウィークには海外旅行をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

より快適に海外旅行を楽しむためには、ホテリエやウエイターへの対応の良し悪しは重要となります。

実は少しだけスタッフの振る舞いを変えるだけで、接客や待遇がより良くなることがあります。

 

海外でレストランやホテルでのスタッフの振る舞いのポイント。

1、レディーファースト

スタッフがレストランで席に案内する際は、女性を自分より前を歩かせるレディーファーストができていることで「こういった場に慣れている」という印象を与えることができます。

 

2、チップを用意する。

ベルマンが重い荷物を運んでくれたり、ホテルなどで素晴らしいサービスを受けた際にはチップを払うよにしましょう。

金額は多くなくてもよいので、支払うようにしておくと長期滞在などの際にスタッフと仲良くなることで何かと助かることがあります。

国によっては、フロントでのチェックイン時のチップやハウスキーピング時のチップによって状況が変わるところもあるようなので見逃せないところになります。

 

3、はっきりと伝える。

予約の際には希望をはっきりと伝えるようにしましょう。

あくまで希望ですが、しっかりと伝えることで良い待遇を受けることができるようになります。

たとえば、窓際の席なのか、広めのテーブルなのか、景色が素晴らしいのかなどです。

 

4、身だしなみ

日本のホテルやレストラン業界でも同じことが言えますが、レストランに入るときの服装は見られているものです。

たとえば男性ならジャケットを着用しているか、女性ならスマートカジュアルであれば問題ありません。

男性の場合は靴が磨かれているのかや、時計や女性がつけているアクセサリーによってゲスト席の予約を変更するといったところも多数あるようです。

また、アメリカやカナダでは「TUMI」のカバンを持っているとハイクラスといったイメージがあるようです。

ブランドのスーツケースに様々な国のシールを貼っているとホテル慣れしているといった印象を与えることができます。

 

海外旅行の際には一度、より良いサービスを受けるためにも配慮してみてはいかがでしょうか。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

アスリートや就活生にゼリー飲料サンプル配布が広がっている!!

run

ゼリー飲料を手がける食品各社は、ターゲットや用途を絞り込んで売りこみを強化するとしている。 ゼリー飲料は夏場に需要が高くなるが、秋口になると鈍化することから、秋以降も飲んでもらえるようにユーザーにアピールをしていく。 & […]

詳細を見る