作業用BGMによって仕事が変わる!?音楽がもたらす効果。

作業用BGMによって仕事が変わる!?音楽がもたらす効果。

普段、音楽を聴いていますか。

学校や会社へ行く前や帰り際など、スマートフォン(スマホ)や携帯音楽プレーヤーなど手軽に音楽を聴くことができるようになっていますが、仕事中はどうでしょうか。

よく有線やラジオを流しているというオフィスは多いようですが、実は作業用にぴったりなBGMというものがあるようです。

 

作業用BGMとは。作業をより効率よくするためには音楽が重要!?

何事もダラダラとしていては片付く用事も片付きません。

より効率よく作業をこなすために重要になってくるには集中力です。

その集中力をより高めてくれるのが作業用BGMとなります。

さて、その作業用BGMといえども音楽には様々なジャンルがあり、一体どういった音楽を選ぶことで作業効率が上がるのでしょうか。

 

シーンによって音楽を使いわけよう!!

作業用BGMは仕事のパターンによって使いわけることが重要になってくる。

音楽は人をより健康にして、音楽を家でよく聴く人は人間関係が上手くいくと研究結果でも明らかとなっています。

ただ、それだけではなく聴く音楽によっては仕事の生産性を上げることにもつながります。

 

単純作業のときは好きなプレイリスト!!

単純作業やルーティン作業をしている際には自分の好きな音楽だけを詰め合わせたプレイリストから音楽をかけるようにしましょう。

単純作業はだんだんつまらなくなってきますが、自分の好きな音楽をかけることで気分よく仕事に打ち込むことができるようになり作業がはかどるようになります。

勉強の時にはインストゥルメンタル!!

頭を使う作業であったり、どっぷりと集中したいときには歌詞のないクラシックなどのインストゥルメンタルの音楽のほうがパフォーマンスが向上することがわかっており、本当に集中したい場合は静かな環境が望ましいといえます。

 

よりクリエイティブになるには50~80BPMの音楽!!

創造性を高めたいときには50~80BPMの音楽を聴くようにしましょう。

曲のテンポが脳をアルファ状態に導かれ、脳が落ち着いて明晰になります。

リラックスしながらも集中力が高まっているという、集中にはベストな状態をつくることができるようになるため、アイデアをひらめく機会が増えるようです。

 

いつも仕事の効率について悩んでいる人は、いつもの音楽を変えてみてはいかがでしょうか。

新たな展開の発見に繋がるかもしれません。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

保育所に寄付すれば所得税が安くなる!?

111

納税者が自治体や特定の法人などに寄付を行った際に所得税が優遇される制度が、2015年から一部拡大されることとなりました。対象となるのは、保育所・幼稚園など子育て施設への寄付です。 税優遇で保育所への寄付を 私立幼稚園を運 […]

詳細を見る