高感度が高まる社交スキルとは?

高感度が高まる社交スキルとは?

生きている以上、何をするにしても人対人の関係が続いて行く。

それがビジネスであれプライベートであれ、人同士の関わりは切ってもきれないものだ。

そして素敵な人との出会いの際には気をつけたいのが好感度だ。

人見知りでついつい無愛想な態度になってしまうという人も、今回紹介する方法を実践すると印象が良くなるだろう。

 

好感度を上げる方法は意外と簡単!?

好感度はどうすれば上がるのだろうか。

ついつい無愛想な態度になりがちという人は次のことを実践してみて欲しい。

1、相手の目を見て会話をする。

意外とできていない人が多いのが相手の目を見て話すということです。

特別なスキルや練習も必要ありません。しいて言うならば、相手の目を見ることを意識するということです。

しっかりと話を聞いているという印象を相手に与えることに繋がります。

2、スマホはポケットやカバンにしまおう。

誰かと会っている際やミーティング時など、いつ何時でもスマホはメールや着信を通知してくれます。

そしてついついスマホを操作してしまいますが、人と会話をする際はポケットやカバンにしまうようにしましょう。

こちらも特別な練習など必要はなく、すぐに開始でき、なおかつ効果的なものとなっています。

3、名前を呼ぶ。

会話の中や、「あなた」などではなく名前で呼ぶことで相手に与える印象はよくなります。

もし名前と顔を覚えるのが苦手なら会った人の名前を書き出すほか、初対面の人の場合は名前を聞いたら何度も名前を呼ぶことで覚えられるようになり、さらに相手への印象も良くなるので一石二鳥になります。

4、笑顔を大事にしよう。

人の表情で一番印象に残る表情とされているのが「笑顔」です。

また、人は話している相手のボディランゲージを無意識に反映するため、笑ったり小粋なジョークを投げかけることでポジティブなボディランゲージを使用すれば相手も合わせて返してくれます。

5、握手はしっかり目を見て力強く。

人は出会って2秒で初対面の人の好き嫌いを判断します。

第一印象を良くするためにも、背筋を伸ばして相手の目を見て強すぎず、弱すぎず、しっかりとした握手をしましょう。

ポジティブな印象をボディランゲージで与えることができるようになります。

6、しっかり話しを聞こう。

口は一つ、耳は2つある。これらを正しい比率で使うことが良い関係を保つために重要なこととされている。

つまり、自分が話すより聞き手に回ることが相手に良い印象を与えることに繋がります。

7、聞くのだけではなく積極的に耳を傾ける。

ただ聞いているだけではあまり意味はありません。

正しい聞き取りには「聞き取る」「解釈」「評価」「回答」といった4つのステップが重要となります。

「解釈」は聞き取った内容を噛み砕いて分かりやすく言い換えることで、評価は素早い判断や結論に至ったりするステップのこととなります。

8、他人を褒めよう。

効果的な褒め方は「具体的に相手の得意分野を褒める」ということだ。

たとえば「びっくりするくらいマーケティングのことを知っているんだね!」といった風に褒めることで、相手は嬉しくなるほか、聞いた情報について快く教えてくれるので自分にとっても知らない知識を得ることができる。

9、お世辞の返し方を考える。

上手なお世辞の返し方をすることでうぬぼれ屋と思われることもなくなる。

その方法とは、相手を立てるようにしたり、自信をもって返答したりすることが効果的だ。

たとえば「君はその10倍素敵な人だ。」や「ありがとう!!そう言ってもらえて本当に嬉しい!!」といった感じだ。

10、さじを投げた人に再開するように尋ねる。

何かを話している途中に、話している人が続きを忘れたりして話が中断することがあるかと思いますが、そうした際は「そこからどうなるんだっけ?」などと返してあげて再開を促すことで高評価に繋がります。

11、愚痴をこぼさない。

ネガティブな人の周りにいると、聞いている人も疲れてしまいます。

もし愚痴っぽい話をしてしまっているようなら、すぐに謝って新しい話題を取り上げるようにしましょう。

 

上記の11点のことを少しずつでも実践することで好感度が高まっていくでしょう。

簡単に実践できることも多いので意識していくことが重要になります。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事