ママチャリならぬパパチャリが88台限定で先行予約開始!!

ママチャリならぬパパチャリが88台限定で先行予約開始!!

前かごに後ろかごもついた自転車を、俗に「ママチャリ」と呼ばれている。

理由はもちろん、子供を後ろに乗せることや買い物した食材を前かごに入れるなど使い方をする世の母親の姿から名づけられたと推測されている。

しかし、今まで「ママチャリ」はあっても「パパチャリ」はなかったが、ついに88台限定で先行予約販売がされることになったようだ。

 

男らしいデザインのパパチャリでイクメンに!?

パパのための自転車「88CYCLE(ハチハチサイクル)」の88台限定選考予約が開始された。

自転車専門店「あさひ」とライフスタイル情報誌「Daytona」のコラボレーションプロジェクトから、母親向けの自転車として「ママチャリ」があるように、父親向けの自転車「パパチャリ」があっても良いのではないかといった発想から生まれた。

自転車工房チムチムレーシングと共同で開発され、ママチャリにない男らしいデザインにこだわったという。

 

パパチャリは男らしいデザインが光る!?

パパチャリの最大の特徴は全体的な男らしさだ。

それを象徴するのがロングテールフォルムを採用した点で現れており、後ろの荷台を大きくすることで子供を乗せやすくなったほか、多くの荷物を積むことも可能になっている。

通常、荷台にかごは付いていないが、オプションで付けることも可能となっている。

さらに自分好みにカスタマイズがしやすいように、フレームの各所にはネジ穴が設置されており、ボトルケージや好みのアクセサリーを取り付けることができる。

後輪にはファットタイヤを採用しており、積載量が多くなっても高い制動力を発揮するため、ディスクブレーキを採用した。

3色展開で価格は6万9,980円となっている。

子供と一緒にカスタマイズするのも楽しいかもしれない。

パパチャリで育児に参加するいい機会として広まることが期待される。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

テーマパークでいくら使う?男女の支出の違いをチェック!

info24

日本のテーマパーク・レジャー施設といえば、皆さんは何処を思い浮かべるでしょうか。多くの人が真っ先に挙げるであろう最も有名なテーマパークといえば、株式会社オリエンタルランドが運営する「東京ディズニーリゾート(東京ディズニー […]

詳細を見る

何故人は行列に並びたがるのか。

150

よく行列のできるラーメン屋や、行列のできるクレープ屋など、有名店や人気店においては常に行列ができているイメージがあり、客が途切れることがない。 また、行列を見ると、ついつい気になって並びたくなるが、これは何故なのだろうか […]

詳細を見る