質の高い睡眠はとれている?よりよい睡眠をとる方法。

質の高い睡眠はとれている?よりよい睡眠をとる方法。

毎日を忙しく生きる現代人にとって深刻な問題となっているのが、不眠症に陥る人が多いということだ。

人が生きていく上で欠かせない睡眠については時間ももちろんだが、質を高めることが重要になってくる。

スマートフォン(スマホ)が発達した現代、寝る直前までスマホを操作している人も多いだろうが、良い睡眠をとるためには注意したほうがいいのかもしれない。

 

質の良い睡眠をとり、健康に過ごす秘訣は?

多忙でスケジュールがパンパンの仕事生活を送っている人にとっては、ついつい睡眠時間をサボりがちになっているだろう。

しかし、自分を取り巻く環境を見直してもう少し体を休めることは重要になるかもしれない。

 

雑音を消すことで睡眠の質をあげよう!!

テレビを点けたまま寝てしまうといった人も多いようですが、良い状態ではありません。

潜在意識がテレビからの情報を吸収しているため、睡眠パターンに大きな違いが出てきます。

 

夕食の時間を意識しよう!!

意外と見落としがちですが、睡眠の質を高めるためには夜の食事は軽く、そして早めに済ませることが重要になります。

夕食にはヘルシーな食事をとることで消化が早まり、良質な睡眠をとることにつながります。

 

朝に瞑想を行おう!!

良い睡眠をとるためには起きたばかりの朝が重要になります。朝は忙しいですが、いつもより60分早く起きてリラックスできる時間をつくることが重要となります。

たとえばじっくり瞑想したり、リラックスできる音楽を15分間聞くなど自分ありにモチベーションを高める方法を見つけて実践することで夜の睡眠をきちんととるための精神的な準備ができるようになります。

 

良質な睡眠のための最低限行いたいこと。

ストレスは不眠症につながりかねませんので、良い睡眠をとることが重要となります。

ストレスレベルを下げるための方法として、最低限次のことは行いましょう。

1、アルコールは控える。

アルコールを飲んだ後に寝ることは実は睡眠が浅くなり質の良い睡眠とはいえません。

2、カフェインを控える。

コーヒーやエナジードリンクなどカフェインが含まれているものはストレスに結びつきますので夜はなるべくカフェインは避けましょう。

3、禁煙する。

喫煙はストレスを発生させる免疫システム機能に影響を与え、寝返りをうつことが増え、睡眠の質が下がることに繋がります。

4、口論は避けよう。

怒ると神経システムが刺激され、心拍数や血圧が上がることになります。

ストレスを与えた状態で寝ることは避けましょう。

5、水分を避けよう。

水分を摂りすぎことで夜中にトイレに行きたくなるため睡眠が妨げられます。

 

生活習慣を変えることで、今までより良く眠れるようになるかと思います。

生活習慣の変化から睡眠の質を高めることで環境が変わることにも繋がるでしょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

3段階の会員制度に分けて接客改善!?

167

京王プラザホテル(東京・新宿)では、ホテルの宿舎やレストラン利用者向けの会員制度を全面的に見直し、3段階の会員制度を設ける方針だという。今までこうした区分は設けていなかったが、区分することで接客の改善につなげるのが狙いだ […]

詳細を見る

デイサービス向け運動改善システム、キヤノンの「ロコモヘルパー」って?

運動機能改善フィットネス

キヤノンマーケティングジャパン(MJ)は通所介護(デイサービス)向けの運動機能測定システム「ロコモヘルパー」の販売を開始したようだ。 人間の骨格を赤外線センサーで抽出して、評価基準となる運動を自動測定し、運動改善に繋げる […]

詳細を見る