老後に備えたリフォームは消費増税前が得策!!

老後に備えたリフォームは消費増税前が得策!!

少子高齢化が進む現代において、結婚してから子供も独立し、今まで住んできた家も老朽化が進んできた。

もうすぐ定年退職ということもありリフォームを行いたい。

そう考える人も多いだろう。

しかし、消費増税のことを考えるとどうだろうか。あまりゆっくりはしていられないだろう。

そう火増税前の早めのリフォームが得策かもしれない。

 

ちょっと早いかもくらいがちょうどいい!?老後に備えてリフォームをしよう!!

50代は家族構成が変わる転換期とされています。

自分の家族のことはもちろんですが、親の老後を考えて住まいについて見直す必要も出てくるだろう。

しかし、まだリフォームするのは早いのではないか。とタイミングを見計らっている人も居るかもしれないが、老後に備えたリフォームは実は、「ちょっと早いかもしれない」くらいがちょうどいいようだ。

なぜなら荷物の整理や処分も多く、工事中は仮住まいになるため2~3ヶ月暮らすと考えると足腰が弱くなってからでは大変になります。

さらに重要となるのは資金面です。収入源が年金だけになるので、そうなる前に計画することで退職金などを見据えたマネープランを立てることができるようになります。

なにより、2017年には消費税10%への増税も予定されており、増税前に駆け込み需要が十分予想されているためより計画的な準備が必要になるだろう。

 

見積書を正しく理解できる!?

さて、いざリフォームをしようと思い業者に見積書を依頼したところ、専門的な内容ばかりで理解できないといった場合も多いだろう。

そうした際は、国土交通大臣から指定を受けた住宅相談機関「住まいダイヤル」で、契約前の見積書や設計図の写しを送ることで詳しい相談ができるようになっている。

また、要支援や要介護といった認定を受けている人が住む場合、手すりの設置や段差の解消は介護保険の対象となるため、工事費用が20万円までなら自己負担は1~2割で済むため、これらも利用したい。

 

とにかく何を行うにもそうだが、事前に計画的に行うことが重要になるだろう。

とくに消費増税の可能性を控えた現在、早め早めの対応をしたいところだ。

 

【「ヤフーニュース」より一部抜粋。】


関連記事

月餅代わりに洋菓子提案。中華市場での定着目指すヨックモックとモロゾフ。

プレゼント

中華圏のギフトシーズン「中秋節」を前に洋菓子各社が専用商品を相次いで投入しており、一般には中華菓子「月餅(げっぺい)」を贈るが、最近は定番商品の月餅以外を好む人も増えており、各社は洋菓子の販売の提案により中華市場での定着 […]

詳細を見る

外国人を雇う際の注意点

105

2020年の東京オリンピックに向けて、益々増加することが予測されている外国人と外国人就労者だが、外国人を雇う際には事業主にはくれぐれも注意して欲しい点がある。 「不法就労助長罪」に注意 都市部の飲食店やコンビ二では、人手 […]

詳細を見る