カロリーゼロの食品、食べる前に知っておきたいこと。

カロリーゼロ甘いものが食べたい、しかし砂糖の取りすぎは良くないと言われている。そんな悩みを抱える甘党の方にとって魅力的なのが、砂糖を使わない「カロリーゼロ」の食品です。カロリーがゼロなら食べても太らないから安心、砂糖が入っていないからとり過ぎと言われることはない……。健康を考えて、敢えてカロリーゼロ商品を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

砂糖の代わりに人工甘味料

ゼロカロリー食品は基本的にほとんど砂糖が使われておらず、代わりに人工甘味料が用いられています。アステルパームやスクラロースなどが有名でしょうか。砂糖よりも少ない量で強い甘みを感じさせる、あるいは食べても体に吸収されないなど、カロリーゼロの根拠は甘味料によって様々です。とはいえ、この人工甘味料については幾つかの問題点も指摘されています。

知っておこう、人工甘味料のデメリット

まず人工甘味料そのものの歴史が浅い為、長年食べ続けた場合の健康への影響が未知数であるという点。人工甘味料に関する研究結果は様々あり、肥満に良いだとか、むしろ肥満になるだとか、依存性があって危険だとか、積極的に取るべきだとか、結論もばらばらです。
今のところは「直ちに影響はない」とは言えるものの、「後年影響が出ない」とは言い切れないのです。

「ゼロだから・・・」の油断が食べ過ぎにつながる

次に人工甘味料を取る側の問題です。カロリーが低いからとついつい甘いものを食べ過ぎたり、大量の甘味料をコーヒーに入れたり……そんな経験はありませんか?健康を考えてカロリーゼロ商品を口にしている、という安心感が気の緩みをもたらし、必要以上に食べ過ぎてしまうケースが意外と多いのです。
「いつものコーラをゼロカロリーコーラに代えよう」なら問題はありませんが、「ゼロカロリーコーラだからたくさん飲んでも大丈夫」ではないのです。

大切なのはバランス

人工甘味料に限った話ではありませんが、何事も取りすぎては体のバランスを崩すもの。普通の水ですら大量に飲むと中毒を起こします。かといって全面的に禁止、というのもまた極端に過ぎるでしょう。大切なのは「食べすぎ・飲みすぎ」を意識しながら、自制の心を持つ事なのです。


関連記事

希望運賃が下回るとメールで通知!?

mail

格安航空会社(LCC)は上手く利用すると、より格安で乗ることができる。 国内線、国際線問わず、予算を抑えて飛行機での移動をしたいという人は多いだろう。 そうした人々にとって非常に嬉しいサービスが日本でも開始されたようだ。 […]

詳細を見る