早めに起きて自律神経を整えよう!!

早めに起きて自律神経を整えよう!!

朝はどうしても起きるのが辛くて、起きなければいけないのは分かっていてもついつい、ダラダラと寝てしまいがちです。

特に寒いこの季節では布団から出たくないといった気持ちが強くなってしまう。

しかし、人が健康に生活するために必要な自律神経をコントロールするためには重要となります。

時間に追われがちな人も多いと思いますが、今一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

 

交感神経のバランスを整える方法って?

自律神経は自分ではコントロールができませんが、体温を調節したりホルモンの分泌を促したりと我々人間が健康に生活するために必要な役割を担っています。

その自律神経には交感神経と副交感神経というものがあり、それらのバランスが重要になります。

時間に追われる毎日を送っている人が多いと思いますが、交感神経は暴走しがちです。

交感神経は体を活発に働かせるもので、これが優位に働くことでアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され、心機能や気管支機能が亢進するようになります。

逆に副交感神経は体をリラックスさせる目的があり、食事中や睡眠中は副交感神経が優位に働くようになっていますが、忙しい現代社会では交感神経が優位になりすぎるといった問題があります。

これらをバランスよく切り替えることが健康的な生活に繋がって行きますが、朝は時間がないためバタバタしがちです。しかし、それではいきなり交感神経が興奮して暴走を始めてしまうため注意しましょう。

バランスよく切り替えるためにもほんの少し早く起きて次のようなことを試すとより健康的な生活が送れるようになります。

【二度寝は自律神経を乱す】

朝の二度寝はすごく気持ちが良いですが、せっかく活動を始めた交感神経が行き場を失い戸惑うこととなり、副交感神経から交感神経へのスムーズな移行が妨げられるのでバランスを崩してしまいます。

【洗濯、歯磨きがゆっくりと行う】

朝の時間は交感神経が優位になりすぎているため、洗顔や歯磨きなどのルーチンは極力余裕をもってゆっくり行うようにしましょう。ゆっくりした動作は副交感神経を優位にするため、1日を落ち着いて過ごすことができます。

【朝の行動は計画を持って行おう】

朝は頭が活発に動き出す時間帯ですが、いきなり動きだすと交感神経が追いつかなくなります。朝のうちに残った仕事を済ませてしまいたいといった場合もあるかもしれませんが、そうした時ほど計画をしっかりと立てておきましょう。

神経の無駄な興奮をさけることで、交感神経の暴走を防ぐことができます。

 

上記のような方法を試して健康な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

まもなく締め切りの2015年1月の公募

106

2015年1月も折り返しになりましたが、ここで今月の締め切り間近の公募をご紹介します。それぞれ自分の作品を応募して賞金、賞品を獲得しましょう。 水中写真を応募して10万円ゲット! 第17回目となるマリンダイビングフェア実 […]

詳細を見る

意外と知らない正しい布団の干し方!!叩いてはダメなの知ってる?

futon

ぽかぽかと暖かい気候が続いており、だんだんと夏が近づいてきたかのように思います。 毎日使っている布団については、こうした気候のときに干したくなりますが、正しい布団の干し方を知っている人は意外と少ないようです。 毎日快適に […]

詳細を見る