こたつで寝ることの危険性!!恐ろしい病気になる可能性も。

こたつで寝ることの危険性!!恐ろしい病気になる可能性も。

寒くなると恋しくなるのがこたつではないでしょうか。

テーブルもあり気軽に入っては温まれるので、ついついウトウトしてしまいがちになりますが、実はこたつで寝ることは思いもよらぬ病気になる可能性も秘めているようです。

普段からついついこたつで寝てしまうという人は注意したほうがよいでしょう。

 

低温やけどに脱水症状!?こたつに潜む罠。

夜になると急激に冷え込む日が続いており、ついつい家に帰るとこたつでゴロゴロしたくなりますが、こたつの温かさから、うっかりこたつで寝てしまうという人は気をつけましょう。

気持ちよく寝ることはできますが、起きた際には気怠さが感じられるかと思います。

人の体は睡眠中は体温が下がるようになっています。体温を下げることにより、代謝や脳の温度も下げて、深い眠りにつけるようにする働きがあるからですが、こたつにより体温よりも高い状態で体が温められることで睡眠の質が悪くなり疲れがとりにくくなります。

また、せまいこたつ内だと寝返りがうてないため、関節や筋肉にも負担がかかるため、このような気怠さが感じられるようになってしまいます。

さらに、こたつで寝ることは次のような危険性も潜んでいます。

30度以上もあるこたつで寝ると、大量の汗をかくため脱水症状に至る場合があります。

また、こたつで寝ていると体内の水分が失われ、血液中の水分毛しなわれることとなります。

そうなると、血流が悪くなり、最悪の場合血栓となり脳梗塞にいたるケースもあります。

死に至ることもあるのでくれぐれも注意が必要です。

さらに熱源に長時間触れていることで低温やけどになる可能性もあります。

低温やけどは一見すると軽症のようですが、皮膚に深い傷を負っている場合もあり、こたつでの低温やけどは範囲が広がる恐れがあります。

もちろん、こたつでゴロゴロするのは悪いことではありませんが、時間を決めてこたつを使うことが健康にも良いといえるでしょう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

関西に移住促進の動きが活発に!?

osaka

東京の人口一極集中が問題となっている。 その波は関西にも及んでおり、少子高齢化や住民流出が問題となっている。 そうした中、各自治体は移住強化の支援策を打ち出しているようだ。   和歌山は最大250万円補助決定! […]

詳細を見る