Macbookのバッテリーの寿命と処分方法を知ってる!?

Macbookのバッテリーの寿命と処分方法を知ってる!?

スターバックスコーヒーで窓際の席に座っておもむろにバッグから取り出したMacbookを広げてコーヒーをすすりながらキーボードをタイプしている人の姿をよく見かけるだろう。

エンジニアなどに多いようで、よくインターネット上でもドヤ顔でMacを使っている人が居るということを取り上げられているようだが、そのMacbook Airもひとつの機械であり、バッテリーが内臓されているため寿命がどうしてもくるだろう。

そんなとき交換が必要となるが、どのように対応すればよいのだろうか。

 

MacBookのバッテリーの正しい交換方法!!

いつもスタバで使っている人もそうでない人も、まずはバッテリーの寿命を確認しましょう。

普段からバッテリー交換を行うわけではないので、方法がイマイチつかめないといった人も居るかもしれません。

ただ、寿命がすぎたバッテリーが入ったMacBookでは電源すら入れられなくなります。

そうなる前にバッテリー寿命をチェックしましょう。

方法は意外と簡単で、メニューの「このMacについて」から「システムレポート」に続き「電源」を確認することで充放電回数を知ることができます。

回数は800回で黄信号。1000回目安で交換が必要となります。

もちろん人によって違いはありますが、だいたい3年くらいでバッテリーの寿命がくるようです。

 

バッテリー交換の後はどう処分すればいいの?

実はバッテリー交換はアップルストアやパソコンの修理業者に依頼する必要があると思っている人も多いかと思うが、近くにそういったお店がなかったり、そもそも仕事で使うので1週間も手放せないといった人も居たりするだろう。

そこで自分で思い切って交換してしまうのも一つの手となるが、交換した後のバッテリーはどのように廃棄すればいいのだろうか。

実はこの処分方法も簡単で、JBRCリサイクル協力店に設置されている「充電式電池リサイクルBOX」に入れるだけだ。もちろん無料となっている。

ただ、捨てる際には受電式電池はショートする恐れがあるため、プラス極マイナス極のそれぞれをビニールテープ等で絶縁し捨てるようにしよう。

非常に簡単にできるので、いざという時には試してみるといいだろう。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】

 


関連記事

希望運賃が下回るとメールで通知!?

mail

格安航空会社(LCC)は上手く利用すると、より格安で乗ることができる。 国内線、国際線問わず、予算を抑えて飛行機での移動をしたいという人は多いだろう。 そうした人々にとって非常に嬉しいサービスが日本でも開始されたようだ。 […]

詳細を見る