GUが新体制!!売れ筋の人気商品はすばやく増産!!

GUが新体制!!売れ筋の人気商品はすばやく増産!!

衣食住という言葉があるように、衣服は人間の生活に深く関わりがあるものだ。

最近ではファストファッションとしてファーストリテイリング傘下のユニクロに代表されるように、格安で良い衣服が取り揃えることができるようになった。

そのファーストリテイリング傘下でカジュアル衣料を販売しているジーユーは新たな生産体制により、従来の半分の期間で衣料を増産し、供給する体制を行うという。

 

人気商品をすぐ増産!!ジーユーの新体制とは!?

従来は生産計画を決めて店頭に並ぶまでに4ヶ月程度かかっていたが、取引工場と綿密に連携をとることで半分の2ヶ月で増産する体制にするとしている。

ジーユーは流行を取り入れた格安のカジュアル衣料が強みで、売り上げはファーストリテイリング全体の8%を占めている。

「ガウチョパンツ」が昨春にヒットするなど足元ではユニクロをしのぐ収益で伸びを見せており、今回の生産方式はこのガウチョパンツで確立したノウハウを生かすとしている。

同商品は試験販売して売れ筋を見極めて、当初想定の5倍以上の販売に成功している。

そして、今期に発売予定のスカートに見えるパンツ「スカンツ」などパンツ2種類などをヒット商品候補として新生産方式を導入する。

まずは本格的な生産の前に通販サイトなどで試験的な販売を行い、日々の販売情報から売れ筋の色や型、増産量などを判断して工場に追加発注する流れとなっている。

増産の見込みが外れた場合に備えて、生地などの素材は他の商品に転用できるものを選択するとしている。

一般的にファッション業界では発売の1年前に素材を調達して、半年前から生産を始めるとしている。

ジーユーは今後、新生産方式で在庫リスクを低減しつつ、売れ筋を高めて行くという。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

秋が旬の鮮魚が高騰している!?サンマやサケが食卓から遠のく現実。

サンマ

秋が深まる中、食べたくなる料理が増えてくる。 しかし、旬のサンマやサケなどの魚介類が軒並み高めで家庭の食卓から遠のいているようだ。 日本近海の漁獲量が台風などの影響で振るわないことが要因となっているようで、小売店の販促に […]

詳細を見る