具材60種とドレッシング20種の、サラダ専門店がFC展開!!

具材60種とドレッシング20種の、サラダ専門店がFC展開!!

ヘルシー志向の人が増える日本において、喜ぶ人が多いのではないだろうか。

具材60種とドレッシング20種で自由にオリジナルのサラダを作れるサラダ専門店が国内でフランチャイズチェーン(FC)展開するとしている。

 

自分だけの好みのサラダを作ろう!!

フジオフードシステムはシンガポールのサラダ専門店「サラダストップ」を日本国内でFC展開するとして話題を呼んでいる。

60種類の具材に、20種類のドレッシングの組み合わせでサラダを作ることができるようになっており、価格は280~480グラムで100円程度となっている。

東京都内で1号店を開き、その後2019年までには主要都市で20店舗を目指すとしている。

気になるのは産地だが、これらは国内の野菜を使ってしっかり明記するとしているので野菜にうるさい人でも安心して食べられるだろう。

また、サラダだけでなくマフィンやヨーグルト飲料もそろえるとしており、健康に関心の高い女性のほか、健康志向のシニアの利用を見込むとしている。

店内で食べられるタイプと持ち帰りのタイプの2種類の店舗を展開するとしている。

フジオフードシステムは主力の定職店「まいどおおきに食堂」などを手印会しているが、安定した利用者が見込めるオフィスビルやスポーツジムや病院などに向いた店舗開発に力を入れている。

さらに今回のサラダ専門店のFC化で収益を上げる狙いがあると見られている。

今後の店舗展開にも注目していきたいところだ。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

介護ロボットの導入を本格化。大和ハウスの介護ロボットとは。

kaigo

介護や看護の仕事は女性が多い現場ながら意外と力仕事が多くある。 男性であっても介護を受ける側の高齢者を車椅子からベッドに移動させる際などに腰の怪我をして職場への復帰が難しくなるなどかねてより問題となっていた。 そこで介護 […]

詳細を見る