猫を幸せにする方法って?

猫を幸せにする方法って?

仕事からくたくたになって帰ってきて、玄関の扉を開けた瞬間に足音を聞きつけて待ってくれている猫の姿は非常に愛らしいものだ。

1日の疲れが吹き飛ぶことだろう。

しかし、いつでも近くでゴロゴロしているわけでなく、自由気ままに歩いているのが猫の良いところであり特徴でもあるだろう。

そんな猫に対して何かできることがあるのだろうか。

実は猫が幸せになる方法があるようだ。

 

知らなかった!!猫が幸せになる方法とは!?

猫は昔から愛されてきた動物のひとつで、今でも猫はいろんな人に愛されている生き物だ。

さて、その猫が幸せに感じる方法とはどういったものだろうか。

次を見てみよう。

 

【水とご飯は別々の場所に置くようにしよう!!】

猫は食べ物と水が別の場所に置かれているのが好きなようだ。

理由としては、猫が狩をしてきたことろ、獲物を食べる際に近くの水には獲物の血などが入るため汚れやすかった。そのため、離れた場所の水を飲んできたことに由来している。

また、水はセラミックボウルに入れて、最低1日1回は変えるようにしましょう。

また、給水機を使用するとさらに猫が水を飲むようになったという体験談もあるようだ。

 

【猫がひっかくときはうれしい時!?】

猫がひっかいてくることは多々あるだろう。

しかし、決してイタズラをしているのではなく、何か良いことを期待している時にひっかくようだ。

飼い主を猫がひっかいてきた時は、安心感を覚えているときで、たとえば飼い主が帰ってきたときや、ご飯をもらえるときなど猫は何かをひっかきはじめるだろう。

ただ、猫はひっかく生き物として割り切って、しっかりした爪とぎ器を用意しておきたい。

 

【猫と思いっきり遊ぼう!!】

猫は自由気ままに見えるが、遊ぶことが大好きだ。

遊ぶ時間がないと気持ちが落ち込んだり、落ち着きがなくなったり、飼い主や動物に襲いかかったりもする。

そのため、猫と一緒に遊ぶことでリフレッシュさせてあげることが重要になる。

猫のおもちゃに関しては口のサイズにあったものがベストだ。

また、もし猫を飼おうとしているときは自分と猫の未来を考えることが重要になる。

猫は長くて20年は生きるため、自分が高齢だったり入院や結婚、出産など自分の未来に何かあった際に猫の世話を誰が行うのかなど考えておいたほうがいいでしょう。

 

【意外と見落としがちなトイレの数】

猫はきれい好きな生き物として一般的に言われています。

さて、猫を飼っている人はいったいいくつトイレを用意しているでしょうか。

実は猫はおしっこ用とウンチ用とトイレを分けたいと考えていることが多いようで、猫用のトイレは2つ以上用意することが望ましいです。

 

【猫と一緒に眠ると信頼感が増す!?】

よく寝ようとしたら布団の中に先に猫が寝ていたなんてことはないだろうか。

実は猫と一緒に寝るということは良い効果をもたらすとされており、飼い主に対して親密な気持ちを抱くようになるようだ。

結果的に問題行動も減少していくのでお薦めしたい。

 

【猫の食事にちょっとした工夫をしよう!!】

いつもご飯をあげるときには常温のままの缶詰をあげているという人は多いのではないだろうか。

より猫が好むのは、猫のひげが食器に当たらないようなプレートなどに約38度に暖めたご飯を出すと喜ぶようだ。

食べる場所に関しては、人通りも少なく静かで落ち着けるところが理想だ。

 

【遊びに退屈しないように刺激ある遊びを!!】

猫と遊ぶ際に、いつもと同じでは猫も飽きてしまう。

そこで、猫の狩への欲求を満たすためにも、部屋中にドライフードを隠して宝探しのように楽しむのもいいだろう。

ただ、餌を置き忘れるのは衛生上よくないのでくれぐれも注意しよう。

しかし、簡単に新しい遊びを思いつかないといった際は、いつも使っているおもちゃを隠して、その間は紙袋やダンボール、毛糸玉など普段使わないおもちゃを用意してみよう。

そしていつも使っているおもちゃは猫が忘れたころに出すとまた新鮮に感じるようだ。

 

【猫は外の景色が好き!!】

猫を飼っているなら窓から外の景色が見えるようにしたい。

たとえばキャットタワーは窓際に置くといいだろう。

ただし、猫が脱走しないように脱走防止の柵を設置したり、窓や網戸が簡単に開かないように工夫する必要がある。

また、万が一のときのために首輪やマイクロチップを装着しておくことも大切だ。

最後に、猫の健康は飼い主次第となるので、くれぐれも猫を飼う際は注意してほしい。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】


関連記事

マックスマーラが高級フロアへ引越し。

新宿伊勢丹

イタリアの高級ファッションブランド「マックスマーラ」が続々と売り場の移転を行っている。 百貨店の特選フロアに移ったほか、取扱商品の価格帯も厚くしており、高級化を進めて女性向け高級ブランドとしての認知度を高める。 &nbs […]

詳細を見る