会社員女性が行なっている賢き税金対策って?

会社員女性が行なっている賢き税金対策って?

サラリーマンだと年末調整や自営業であれば確定申告の時期が近づいてくると税金対策について考えるようになるだろう。

できることであれば控除は受けられる分は受けたいと思うところだが、いったいどのようにすれば控除が増やせるのだろうか。

会社員の女性達は上手に控除を増やしているようだ。

 

「ふるさと納税」に「医療費控除」など…上手に使ってお得に生活!!

一体どういう方法が賢い税金対策になるのだろうか。

21歳~34歳の働く女性に税金対策について調査をしたところ、様々な対策方法が明らかになった。

 

ふるさと納税で対策!!

ふるさと納税で税金対策をするという声が多かったようだ。

ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることで住民税が控除されるといったもので、このふるさと納税制度は実は住民税の控除だけでなく地元の名産品をもらえるようになっており最近人気が出ているそうだ。

ただ住民税を引かれているだけではもったいないだろう。一人暮らしであればなおさらやっていおいて損はないだろう。

 

個人年金保険を活用!!

個人年金や貯蓄型の保険などで保険料控除を受けるようにしているという人も多いようだ。

個人年金などの保険に加入することで、年末調整で保険料控除を受けることができるようになりお得になります。

ただ、上限が決まっているため、高額な保険だからといって控除額が高くなるといったことはないので注意が必要です。

 

医療費控除を使ってお得に!?

医療費控除をすることで税金対策ができるそうだ。

自分や家族の医療費が年間10万円を超える場合に限られるが、確定申告をすることで控除を受けられるようになる。

頻繁に病院で受診する人などにとっては必要不可欠だろう。

 

NISAによる少額投資でお得に!?

NISAは少額投資非課税制度のことで、投資信託などで投資の利益の際に必要となる税金が非課税となる制度です。またNISAの口座を利用することで税制上優遇されることとなるため結果的にお得になります。

 

上記のように様々な控除額を増やす方法がありました。

今年は上手に使ってお得に貯金したいところだ。

 

【「ライブドアニュース」より一部抜粋。】

 


関連記事

公的なポータルサイトを上手く活用して介護・看護の派遣就業をしましょう。

info2

インターネット環境の普及に伴い、近年の転職活動にはインターネットを活用した情報収集が広く見られるようになりました。働き盛りの20代から50代にかけてのインターネット利用率は9割を超えており、雇用側もこの世代へのPRの一つ […]

詳細を見る

お菓子やキャラクターだけじゃない!調理済みで便利なご当地缶詰!!

kanzume

誰もが一度はマグロのフレークなどのツナの缶詰を食べたことはあるだろう。今ではコンビニに行けば焼き鳥や中にはムール貝の白ワイン蒸し風などオシャレな缶詰のおつまみ、いわゆる「缶つま」と呼ばれるものが売っているのをよく目にする […]

詳細を見る