山陽新幹線の主要駅で「銀河鉄道999」の音楽が!!

山陽新幹線の主要駅で「銀河鉄道999」の音楽が!!

電車の発車音を著名なアーティストのヒット曲に変えるといった駅が増えている。

そうした中、山陽新幹線の主要駅でも、新たに発射音に有名曲である「銀河鉄道999」が設定されることとなったそうだ。

 

3月9日に発射音変更!!注意喚起効果は高まるか!?

西日本旅客鉄道(JR西日本)は山陽新幹線の主要な5駅で発車予告音を人気バンド「ゴダイゴ」のヒット曲「銀河鉄道999」のメロディーを採用することを発表し注目されている。

ゴダイゴの「銀河鉄道999」は、同名の人気漫画の映画版で使用され大ヒットを記録し、一躍有名となった曲だ。

ここ数年は人気グループ「EXILE(エグザイル)」によるカバー曲も含めて幅広い世代に親しまれているが、今回、鉄道にゆかりのある曲で、旅立ちのときだけでなく未来に繋がる鉄道を想起する曲として選んだという。

使用される駅は新神戸、岡山、広島、小倉、博多のホームで、新幹線のドアが閉まり、発車することを知らせる発車予告音として流すとしている。

博多を除く4駅は「スリー・ナイン」にちなんで3月9日から使用を始めるとしている。また、今まではは新幹線がホームに進入する際に、危険を知らせるための入線警告音と発車予告音に同じ音色を使っていたが、今回はこれを見直して注意喚起効果を高める狙いがある。

懐かしい大ヒット曲が選ばれ、鉄道ファン以外にも山陽新幹線に注目が集まりそうだ。

今回選ばれた5駅は全ての列車が停車する駅となっている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事