事故の際は警備員が駆けつける!!セゾン自動車火災の新サービス!!

事故の際は警備員が駆けつける!!セゾン自動車火災の新サービス!!

どれだけ安全運転を心がけていても、どのような形であれ自動車事故というものは発生してしまう。

たとえば大きな事故で車が動かなくなってしまった場合など、混乱して自分では何をすればよいのかわからなくなる時があるだろう。

そんな時、事故の現場に警備員が駆けつけて対応をしてくれるといったサービスを新たに始めたことでセゾン自動車火災が注目されている。

セゾン自動車火災保険とALSOKが提携!!新サービス開始!!

セゾン自動車火災保険は綜合警備保障(ALSOK)と提携を行い、4月から事故が発生した際に事故現場に警備員が駆けつけるといったサービスを始めるという。

レッカー車の出動を要請し、事故時の状況をセゾン自動車火災に報告するなど契約者をサポートするという。

この新サービス名は「ALSOK事故現場安心サポート」という名称で、事故対応に「一体どういうことをしてくれるのだろう」といった漠然とした不安があることから、自動車火災保険に入るのを躊躇しているという人が多いことから、「必要なときに警備員が駆けつけてサポートしてくれる」という安心できるサポート体制を確立することで契約者の増加に繋げたい考えだ。

 

ALSOKが行なう主なサービス内容は?

サービス項目 サービス概要
1、安全の確保 三角表示板の設置や発炎筒使用の補助など
2、緊急連絡 けが人がいる際の救急車の手配
警察への届出に関する助言・サポート・連絡
レッカーの出動要請
3、事故解決に関する適切なアドバイス 事故解決までの流れの説明
相手方へのサービス内容の説明
4、事故状況連絡 お客さまからの事故状況ヒアリング
事故の相手方からの事故状況のヒアリング
事故現場・事故車両などの損傷物を写真撮影し、事故状況連絡としてセゾン自動車火災へ送信
5、要望事項等のヒアリング 要望事項等をヒアリングしセゾン自動車火災へ連絡

サービス内容について具体的には、三角表示板の使用などで安全の確保、そして緊急連絡などの対応、事故状況のヒアリング、要望事項などのヒアリングなどを行なっている。

今回の新サービスで安心して自動車火災保険に加入できる人が増えそうだ。

 

【「日本経済新聞」「共同通信PRワイヤー」より一部抜粋。】


関連記事