姫路城の入城にカード利用も可能に!?増加する訪日外国人に対応!!

姫路城の入城にカード利用も可能に!?増加する訪日外国人に対応!!

兵庫県姫路市にある世界遺産・国宝の姫路城の修繕が終わり再オープンしたというニュースが記憶に新しいだろう。

それ以降、訪日外国人の利用者が急増しているようだ。

2020年の東京五輪・パラリンピックを控えている日本では、リピーターの訪日外国人も多く、そうしたリピーターが姫路城に足を運ぶことが多くなっていることも考えられている。

そうした中、新たに訪日外国人に対応するためのサービスを導入することになったようだ。

 

パンフレット20カ国に対応拡大!!カード支払いも可能に!!

2月1日以降から導入された新サービスは、世界遺産で国宝でもある姫路城をクレジットカードで支払えるようにするというものだ。

「平成の大修繕」を終えて昨年3月に再オープンした姫路城で増えている訪日外国人客への利便性を向上させ、需要をさらに取り込もうとしている。

場内に置くパンフレットに関しても20ヶ国語に対応する予定となっているなど多言語化を進めている。

入城の際に対応しているカードについては、VISAとマスターカードとなっている。

今までは旅行会社が発行するクーポン券だけで、カード決済が普及している海外からの観光客の需要に対応しきれていなかった。

パンフレットの言語については現在英語、中国語、韓国語、フランス語、で作成しており、3月までにタイ語、ドイツ語なども加えるとしている。

姫路城は今後のインバウンド対応を強化し、確実に需要を取り込むようにしているようだ。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

年末年始の忘年会、新年会シーズンはアプリとサプリで上手に乗り切ろう!

sapri

これからの季節は忘年会に新年会などとお酒の席が増えることが予想され、飲みすぎ食べすぎが非常に心配される。また、せっかくの飲み会の場で盛り上げるためにいろいろ企画している方も多いのではないだろうか!? そんな飲み会シーズン […]

詳細を見る

機能性重視の新ブランドで無印に対抗!

かぼちゃ

カジュアル衣料大手のアダストリアは、衣料から雑貨まで幅広く取り扱う「LAKOLE(ラコレ)」を立ち上げ、大衆の需要を取り込むとしている。 機能性を重視した商品でユニクロや無印に対抗する狙いだ。   対象年齢関係 […]

詳細を見る