ボルタリングもできるカラオケボックスが登場!?

ボルタリングもできるカラオケボックスが登場!?

一般的にカラオケボックスといえば個室に入って好きな曲を選定し、マイクを持って歌うというものだ。

最近はカラオケボックスも同業他社と差別化を図るために、DVDプレーヤーの無料貸し出しやお菓子持込可にするほか、まるでコンサート会場のようなステージやマイクスタンド付きのカラオケルームを用意するなど、様々なサービスを打ち出すことで集客を図っている。

しかし、さらに一風変わったサービスを展開しているカラオケボックスが登場したことで話題となっている。

 

カラオケボックスで「登る」!?ボルタリングが体験できるカラオケボックスが登場!!

ボルタリングとは、壁面にある出っ張りに足をかけてよじ登るスポーツで、若者を中心に人気となっている。

そのボルタリングをカラオケボックスに取り入れたところがある。

ロープを使わないボルタリングを楽しめるのは、京都市内にあるジャンボカラオケ広場(略称ジャンカラ)を運営する業界大手の東愛産業(京都市)だ、

「スーパージャンカラ河原町本店」に1部屋を設けており、スポーツクライミングが東京五輪の追加種目に提案されるなど人気が高まっていることから今回の導入を決意したようだ。

ボルタリングが楽しめる部屋は約10人が入れる1室のみで、料金は会員の場合、他の部屋と同様に昼は1人30分190円からで、夜は同360円からとなっている。

アルコール類の提供をしているが、避けに酔って壁を登って怪我をする恐れがあることから、ボルタリングをする人は飲酒禁止にするとしている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

消費税増による際立つ節約志向

137

総務省の発表によると、去年の消費税の増税後に、低所得世帯では特に節約による支出削減が目立ったという。 前年比2.9%!? なんと2014年の家計調査によると、1世帯あたりの月平均の消費支出は物価変動の影響を除いた実質で前 […]

詳細を見る

仕事の焦点を明確にし、人材育成を。飲食店の人材育成方法とは。

sashimi

求人を行って人材確保をしたはいいが、人材育成は一苦労だろう。 特に若い人材が不足しがちな飲食業界においては、求人はもちろんだが、既存の人材育成は急務といえるだろう。 人材育成にこだわりをみせる飲食店はじわじわと増えている […]

詳細を見る