アマゾンで新車が購入できる!?自宅でらくらく車をゲット!?

アマゾンで新車が購入できる!?自宅でらくらく車をゲット!?

近くの書店で売っていないような本を買いたいときはもちろん、パソコンやカメラ、テレビなどの家電も売っているため、自宅に居ながらにして簡単に買い物を楽しむことができる。

そして今回、ネット通販の常識を覆す、新車の販売まで始めるとしている。

 

アマゾンが行う新車リース!!国内全車種を自宅で購入できる!?

オリックス自動車はインターネット通販サイトのアマゾンで、個人向けに国産新車のリース販売を始めるとしている。

利用者は画面上で異なるメーカーの車種を価格はもちろん、デザインも比較しながら検討できるとしている。

支払額はローンで購入した場合と同程度になるとしている。

国内の全車種を取り扱う計画となっており、リース販売は、人気の高い17車種としてトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」やスズキの軽自動車「アルト」などがラインナップしている。

米アマゾン・ドット・コムは世界14カ国ネット販売を手がけており、多様なメーカーの新車を本格的に扱うのは日本が始めてという。

 

ネットで購入し、1~2ヵ月後には自宅に届く!?

顧客はアマゾンでインターネットで好みの車種やモデルを注文し、オリックス自らの審査を経て同社とリース契約を結ぶとしている。

リース期間は7~9年で、9年の期間満了後は車両の所有権がオリックスから購入した個人に移る仕組みになっており、月々の支払い額は車両価格が200万円前後の車の場合、3万弱になる見通しで、支払い総額は同じ期間の自動車ローンと同程度になるとしている。

さらに、自動車税や自賠責保険などの諸経費はリース料に含まれるため、月々の支払額を一定にできるといったメリットがある。

オリックスの自動車のリース販売 主な自動車ローン
契約期間 7~9年 選択可能
中途解約 残り期間などに応じて解約金必要 ローン残額を支払い
支払額 総額はローン利用と同程度 車両価格と年2~3%の金利
手続き 在宅でネットや書面で契約 店頭で販売店や金融機関と契約
所有権 オリックス自動車 購入者
税金など諸経費支払い オリックス自動車 購入者

オリックス自動車はメーカー系の自動車販売店から一括購入をすることで仕入れ価格を抑えて競争力を高めるとしている。

日本において個人の新車購入時のリース契約は2%程度にとどまっているが、先行する米国においてはリースの利用が2割以上を占めている。

リース販売で若い顧客の獲得に繋がれば、自動車市場の活性化に繋がると期待されている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

車優先から歩行者優先で街に賑わいを!!

way

京都や大阪、仙台といった大都市の中心部で、車優先だったところを、車線数を減らして歩道を広げる動きが出始めている。 周辺道路の整備が進み自動車の通行量が減った路線もあるが、街の賑わいを増して地域経済を活性化できるとしている […]

詳細を見る

上海のユニクロはディズニーとコラボ!!

woman

安くて質の良いシンプルな服として有名なユニクロは日本だけでなく世界的にも有名だ。 新店舗ができればたちまち行列ができる程となっている。 そのユニクロが上海でも旗艦店ができたことで盛り上がっているが、もうひとつ、米ウォルト […]

詳細を見る