新国立競技場のテーマはそれぞれ「杜」!!

新国立競技場のテーマはそれぞれ「杜」!!

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの部隊となる新国立競技場だが、それぞれ2案が公表されている。

年内に正式決定するとされており、それぞれテーマは「杜」となっているようだ。

 

緑を生かすA案と木柱が囲むB案!!一体どちらに決定するのか!?

新国立競技場の建設計画で、日本スポーツ振興センター(JSC)は、応募業者の「技術提案書」の2案を公表した。

業者名は今後の選定の公正さを確保する観点から非公表となっている。

JSCの審査委員会は今後業者からヒアリングを行ったうえで、最終的に大東和美理事長が選手の声などを参考に業者を選定するとしている。

技術提案書によれば、それぞれ共通しているのは「杜のスタジアム」で、A案は外観に木と緑を生かし、建物の高さを50メートル以下に制限している。B案は、縄文遺跡や神社を想起させるような耐火木造柱が建物を囲むデザインとなっている。

これらの違いといえば、壁面やフィールドとの距離感といったところで、B案については壁面を無くすことで圧迫感を取り除くデザインとなっている。

しかし、A案の観客席の勾配が急なため、上方の席とフィールドの距離感が変わり、A案のほうが近く見えるとされている。

オリンピックで使用したら終わりというわけではなく、オリンピック後にも歴史にも残る親しみを持てる競技場になるために、国民の声をしっかりと聞いたものにして欲しいところだ。

 

【「産経新聞」より一部抜粋。】


関連記事

私鉄が出勤向け有料特急を拡充!!

Reserved seat

私鉄各社が通勤客の需要を見込み、有料の指定座席がある列車を増発するとしている。 東武鉄道や京浜急行電鉄が朝のラッシュ時間帯に有料特急を運行するなど混雑を避けたい利用者に加え通勤時間を活用して仕事や学習をしたいニーズを取り […]

詳細を見る

古都・京都で介護のお仕事を探そう!

info20

合同就職説明会開催 日時 平成26年10月16日(木) 会場 みやこめっせ 京都市勧業館3階 住所 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 介護施設における人材の確保は全国的な課題であり、各地で日々様々な就職説明会・就職フェアが […]

詳細を見る