韓国初のドーム球場が批判殺到!?31席連なるシートにボールが見えにくい天井。

韓国初のドーム球場が批判殺到!?31席連なるシートにボールが見えにくい天井。

日本にはドーム球場がいくつあり、一般的にはシートはある程度の感覚で区切られており、出入りがしやすいことや、ダッグアウトには屋根がついている。

しかし、韓国初となるドーム球場はそれらの整備が一切されおらず批判が殺到しているようだ。

21世紀最悪のドーム球場!?韓国初のドーム球場「高尺スカイドーム」。

韓国ソウル市に建設された韓国初のドーム球場「高尺スカイドーム」だが、「21世紀最悪のドーム球場」と韓国メディアや観客から批判を受けているようだ。

その理由はいくつかあるようで、31席が連続して並んでいるシートは「おむつシート」と言われており、座席の中央に行くとトイレに非常に行きにくくなることから、そうした名前が付けられてしまったようだ。

また、天井は灰色になっており、ボールが見えにくいといった批判が絶えず巻き起こっている。

この高尺スカイドームは、ソウル市南部に11月4日にオープンしたあかりで、観客席は1万8076席となっている。

韓国のプロ野球チーム「ネクセン・ヒーローズ」の本拠地となっており、ソウル市が2706ウォン(約290億円)を投じて建設した。

しかし、オープンと同時にこのような批判が殺到することとなったようだ。

ダッグアウトには一般的な球状ドームにはあるはずの屋根がなく、ファウルボールや観客が投げる物が選手に当たることもある。

また、4階の観客席が急勾配となっており危険なことも批判が殺到している一因となっているようだ。

韓国紙朝鮮日報では社説で「700万の野球ファンを愚弄した高尺ドーム」との見出しを掲げていた。

ソウル市も批判を受け、来年3月までに観客席の中間に通路を設ける改修工事を完了させるとしている。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】


関連記事

カーシェア利用拡大に併せ高まるサービス。

car

車を買っても乗る日が週末が中心となり、ほとんど乗らないので持っていても勿体無い。そもそも車自体が高く、維持費も馬鹿にならない。都市部なので車はほとんど使わないなど、様々な理由からマイカーを持たない人が増えつつある中、気軽 […]

詳細を見る

「子供会員」でスキー場が安くなる!?プリンスホテルの新たな制度。

ski

日に日に寒くなり冬の訪れを感じることができるようになってきた。 冬には鍋料理にスキーにと様々な楽しみがあるだろう。 年末年始には旅行へ行く人も多いだろうが、家族でスキー旅行へ行くなら「子供会員」を新設したプリンスホテルな […]

詳細を見る