世界初となる水素で動く燃料電池車が市販デビュー!?

水素で動く車トヨタの市販燃料電池車(FCV)とは、水素と酸素の化学反応によって電気を作りモーターを回して走る自動車のことをいうようです。日本国内はもとより世界各国で最も多い車はガソリン車です。そのガソリン車が排出するのは二酸化炭素等といった地球温暖化にも繋がる有害物質です。このFCVでは、走行中に出るのは「水」だけです。究極のエコカーと呼ばれているようです。

販売価格はなんと700万円!?

気になるのは販売価格ですね。なんでも市販価格700万円とされており、補助金が200万円~300万円と言われていますので、ユーザーの実質負担は500万円程とされています。補助金が出ても500万円です。トヨタ自動車が初年度販売台数を700台としていますが、実は初年度販売で一般のユーザーが購入することできないでしょう。すでにトヨタ関連グループをはじめ、省庁、福岡県、九州大学、水素燃料の普及に積極的だった自治体等に販売先を限定されているようです。

FCVの燃料補給は全国で13ヶ所!?

FCVはガソリンスタンドで燃料を補給するのと同じように、FCVも水素を補給しなければなりません。FCVを充填する水素ステーションは全国に13ヶ所しかなく、都道府県でみてもたったの7都道府県です。(東京都・大阪府・神奈川県・千葉県・愛知県・福岡県・兵庫県)しかも、12ヶ所が実証用ステーションであり、兵庫県の尼崎市ある水素ステーションのみが商用として唯一稼働しているようです。

水素充填は3分!値段はガソリンの2倍!?

FCVの水素充填時間は3分ほどで完了するようですので、ガソリン車の給油時間と大差はないようです。ただ問題なのは水素価格です。水素とガソリンを比較すれば、ガソリンの2倍以上の価格差となっているのが現実です。しかし、2020年頃までには、自動車会社の各社の競争力によって、本格的な実用化になりそうですね。

【関連リンク】
・2014年10月27日現在の商用の水素ステーション設置会社 岩谷産業 link


関連記事

今年の母の日は「癒やし」!?ちょっと高級な香水やランが売れていた。

flower

今年も母の日が大変賑わっていた。 母の日商戦が小売店では盛り上がりをみせていて、母の日商戦で動く金額は1000億円といわれており、生活雑貨店や生花店では賑わいを見せていた。 今年のキーワードは「癒やし」ということで、エプ […]

詳細を見る

「ふるさと納税」が郵便局で手軽に。

カニ

ふるさと納税はご存知だろうか。 地方自治体にお金を寄付することで特産品などをもらえるというもので、このたび、日本郵便とカカクコムが納税ポータルサイトを本格稼動させた。   7自治体で実施し、利用自治体を拡大へ。 […]

詳細を見る

太りにくい体は長生きする体になる

info57

なぜ、30代後半から40代にかけて太りやすくなる所謂「中年太り」になってしまうのでしょうか。 これは年齢とともに「基礎代謝」が落ちるからです。 厚生労働省の統計による体重1キログラムあたりの消費エネルギー量 20代の基礎 […]

詳細を見る