預金引き出しレジでも簡単に行えるように規制緩和へ!?

預金引き出しレジでも簡単に行えるように規制緩和へ!?

ネット通販で買った商品が代金引換で宅配便で届くので、それまでに近くのATMで商品代金を引き出しに行くことがあるだろう。

しかし、それだけのためにATMまで行くのも億劫なものだ。

忙しい現代社会を生きる我々にとってもそうした貴重な時間はできるだけ控えたいものだ。

そこで、金融庁は新たに規制を緩和することで、スーパーのレジや宅配業者が提供する端末で預金から引き出しをできるように対応する準備をしているようだ。

 

スーパーや宅配業者から預金を支払えるようになる!?

2017年にも、金融庁が規制緩和を行い、スーパーなどのレジでもキャッシュカードで口座から預金を引き出せるようにするようだ。

みずほ銀行などがサービスを始める準備を行っており、ATMがないレジや、宅配業者が持つ端末でも現金を引き出せるように利便性を高める狙いがあるとしている。

 

どうやって預金を引き出せるの?

利用者は店頭に金額を指定し、専用の端末のボタンを押して暗証番号を入力し、レジで現金を受け取る。

そして受けとった分が預金口座から減るといった仕組みになっている。

また、レジなど店頭で預金を引き出す分には手数料は無料になる予定となっている。

キャッシュカードで買い物ができる「J-デビット」に対応している必要があり、どの銀行のカードでも使えるようになっている。

これにより買い物ついでに預金を引き出せるようになるほか、ATMまでなかなか行けない高齢者が宅配業者が着払いの際に持ち歩いている携帯型端末を使うことで自宅の玄関先で預金を引き出せるようになる。

システムはクレジットカードが使えるレジや携帯型端末の簡単なシステム変更で新サービスに対応できるようになっているといいう。

同様のサービスは既に米国、英国で実用化されており、日本においてもより生活のしやすい環境になることが予想されている。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】


関連記事