対するはUSJ!!体験型SC「エキスポシティ」の壮大な実験。

対するはUSJ!!体験型SC「エキスポシティ」の壮大な実験。

体験型ショッピングセンター(SC)として大阪府吹田市の万博公園の跡地にできた「エキスポシティ」が開店初日から列を作るほどの人気となっている。

エキスポシティはSCとして体験型ミュージアムなどエンターテインメント施設が売り物となっており、全体の半分が非物販という思い切った脱・SCモデルとなっている。

ライバルはUSJと息巻いているようだ。

 

買い物より遊び重視なショッピングセンター「エキスポシティ」!!

エキスポシティではエンターテインメント性を重視したSCとなっており、ワオキツネザルが放し飼いになっており、足元によってきたりホワイトタイガーが金網越しに客の頭上を歩いたりとインパクト抜群のミュージアムがある。

水族館の海遊館(大阪市)が運営する「ニフレル」では、生き物を間近で感じることができるようになっている。

エキスポシティはこうしたエンターテインメント施設が8つあり、米国の街並みを再現した空間で英語を学ぶ「オオサカ・イングリッシュ・ビレッジ」は外国人と英会話ができるようになっている。

「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターと来場者が会話できる「ポケモンEXPOジム」も人気で、子供たちからの質問内容に人気のポケモン達が答える。

ノリの悪い大人をいじるなど場を盛り上げる演出もあるようだ。

来春には日本一高い観覧車「レッドホース・オオサカ・ホイール」も登場する予定となっている。

その他、ららぽーとにはケーキ教室や「カントリーマアム」を自分で作って食べられる不二家の洋菓子店「カントリーマアムファクトリー」がある。

こうしたショッピングとエンターテインメントでユニバーサル・スタジオ・ジャパンをライバルとして客を取り込むとしている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

カーシェア利用拡大に併せ高まるサービス。

car

車を買っても乗る日が週末が中心となり、ほとんど乗らないので持っていても勿体無い。そもそも車自体が高く、維持費も馬鹿にならない。都市部なので車はほとんど使わないなど、様々な理由からマイカーを持たない人が増えつつある中、気軽 […]

詳細を見る