エンターテインメント×ショッピング!!訪日客も取り込むエキスポシティ開業!!

エンターテインメント×ショッピング!!訪日客も取り込むエキスポシティ開業!!

モノと感動を同時に提供する、ショッピング×エンターテインメントの大型複合施設「エキスポシティ」が11月19日に大阪府吹田市の万博記念公園内に開業したことが話題となっている。

新コンセプトのミュージアムや日本一高い観覧車など体験型の娯楽施設が豊富であることが注目されており、開業した19日には小雨が降るなか、約4000人の客が詰めかけたようだ。

 

買い物客や観光客だけでなく、訪日外国人も集客を図る!!エキスポシティ!!

19日に日本最大級のショッピング施設として開業した大型複合施設で、ショッピングセンター(SC)「ららぽーと」はアパレルや外食店などが計305店入っており、うち約50店は関西初出店となっている。

 

最大の目玉は8つの娯楽施設!!

●主要施設の特徴

施設名 特徴
ニフレル 放し飼いの状態の動物展示
オオサカ・イングリッシュ・ビレッジ 飛行機内、レストランなどの擬似空間で英語を学ぶことができる
ポケモンEXPOジム 人気キャラクターとの会話が可能
オービィ大阪 大型映像で自然や動物の鑑賞が可能で来年初に開業
エンターテインメント・フィールド アニメ「ひつじのショーン」がテーマとなっている
109シネマズ大阪エキスポシティ スクリーンの高さ18m超、幅26mの国内最大のシネコン
アニポ 幼児向けアトラクション
レッドホース・オオサカ・ホイール 高さ120m超と日本一大きい観覧車。来春開業予定

「ニフレル」においては海遊館(大阪市)による、水族館と動物園などを融合した新感覚ミュージアムとなっており、開園当初から絶大な人気を誇っている。

「ポケモンEXPOジム」は、人気ゲームのキャラクターと会話が楽しめるというもので、子ども達に人気の施設となっている。

来春開業の観覧車と含めて、老若男女関わらず幅広く楽しめそうだ。

非日常の体験をできるような環境で集客を行うことで、日本人の買い物客や観光客だけでなく、訪日外国人客も取り入れたい考えだ。

最近ではイオンモールが大阪北部で開業し、今後も北摂地方で再開発が積極的に行われる予定となっている。

競合が同地域に居るが、エキスポシティでは観光、レジャーの要素をショッピングに取り入れることで、周辺のショッピングセンターとはまた違った存在として集客を図ろうとしている。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

アスリートや就活生にゼリー飲料サンプル配布が広がっている!!

run

ゼリー飲料を手がける食品各社は、ターゲットや用途を絞り込んで売りこみを強化するとしている。 ゼリー飲料は夏場に需要が高くなるが、秋口になると鈍化することから、秋以降も飲んでもらえるようにユーザーにアピールをしていく。 & […]

詳細を見る

カード決済がようやく全店導入へ…。

213-300x200

日本においてクレジットカードは普及してきたといえど、まだまだ積極的に使っている人は海外と比べると少ないだろう。 現金支払いをする人が多く、宅配物の受け取りについても荷物の受け取りと同時に支払う代金引換による決済がほとんど […]

詳細を見る