飛行機に乗って初日の出を見られる優雅な正月はいかが?

飛行機に乗って初日の出を見られる優雅な正月はいかが?

今年も残すところ僅かとなり、既に年末年始の予定が決まっているという人も多くいるだろう。

しかし、逆にまだ何も決まっていないという人は、飛行機に乗って初日の出を見に行くというのはどうだろうか。

優雅な空の旅と優雅な初日の出を楽しめるチャンスがあるようだ。

 

富士山と初日の出を空から眺めよう!!

日本航空は機上から初日の出が眺められるチャーター便を運行するとして話題を呼んでいる。

毎年恒例のイベントとなっており、2016年の元旦も運航するようだ。

雲の上なので確実に初日の出を見られるとしている。

 

富士山周辺を飛行で優雅な正月を…。

16年の初日の出ツアーについては、成田空港発着と羽田空港発着の2つのコースが用意されており、それぞれ富士山周辺を飛行するコースとなっている。

正月早々から富士山と初日の出を同時に見られるとして毎年人気のツアー内容となっており、今回も応募が殺到することが予測されている。

また、機内ではおせち風の弁当を楽しめるほか、景品が当たる抽選会などを実施するとしており、子どもから大人まで楽しめるような内容になっている。

 

朝は優雅に初日の出、午後からは初詣もアリ!?

初日の出を機上から見ることがメインのツアーとなっており、当然早い時間からの離陸となる。

羽田発着のJAL1611便は米ボーイング製の大型機「777-200型」で運航するとしており、午前5時40分に羽田を出発し、日の出を見ながら富士山や南アルプス上空を周遊し、茨城県や福島県の上空を飛行して、午前8時には戻る予定となっている。

午前はチャーター便で優雅に初日の出を眺めてから、初詣を楽しむというのもありだろう。

募集定員については350人で、羽田発着コースの場合2人1組で、7万5000円からとなっている。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事