ヘビ好き女子が急増注!?盛り上がりをみせるヘビカフェ!!

ヘビ好き女子が急増注!?盛り上がりをみせるヘビカフェ!!

ヘビといえば四肢がなく細長い爬虫類で、触ると冷たく、独特のやわらかさがあるといったイメージが強いだろう。

今までは男性マニアが中心となって愛されてきたが、それも一変したようだ。

 

ヘビ好き女性続々!!スイーツを食べながらヘビを鑑賞!?

東京・原宿に8月に開業した「東京スネークセンター」はヘビを鑑賞したり、触ったりできる、いわゆるヘビカフェとなっている。

店内にはヘビ好きな男性が多く居るのかと思いきや、意外と女性が多く、ケースの中のヘビを見ながらスイーツを食べる女性客であふれていた。

ケースから出して手や首に巻いている人もいるくらいだった。

1日平均50人が来店しており、その8割が女性というから驚きだ。

どうやら男性マニアの世界だと思われてきたが、その世界を脱皮したようだ。

支配人の金子ヒサミツさんは脱サラをして子どもの頃から興味のあったヘビを題材にした雑貨販売を始めたようだ。

夏に静岡市で開かれた爬虫類の展示即売会「ジャパンレプタイルズショー」は2日間で2万6000人が来場し、半分は女性だったようだ。

 

ヘビの育成は植物を育てるのに似ている!?

20年来ヘビを飼い続けている九州大学大学院講師の仁田坂英二さんによれば、ヘビの育成は植物を育てるのと似ていると語る。

餌は週に1回程度で手間がかからず、鳴くことも、臭いを放つこともない。

そうした煩わしさがないことから、都会のひとり暮らし向きといえるだろう。

女性の間では、交流サイト(SNS)などで話題を集めやすい点が歓迎されているようだ。

今後もヘビ好き女性は増えていくのかもしれない。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

「かもしれない思考」って?人間関係のトラブルを解決する魔法のような思考。

point

テレビで芸能人などが言いたいことを言っている、いわゆる「毒舌タレント」と呼ばれる人がいますが、なぜあの人たちは言いたいことを言っても好かれているのでしょうか。 はっきりと言ってくれるため信頼ができるといった側面もあります […]

詳細を見る

事故の際は警備員が駆けつける!!セゾン自動車火災の新サービス!!

car

どれだけ安全運転を心がけていても、どのような形であれ自動車事故というものは発生してしまう。 たとえば大きな事故で車が動かなくなってしまった場合など、混乱して自分では何をすればよいのかわからなくなる時があるだろう。 そんな […]

詳細を見る

超高級車の販売店が日本で強化へ。

ロールス・ロイス

超高級車といえば、ロールス・ロイスやコーンズ・モータースといったところだろう。 それらが日本にて販売店が足場を固めているようだ。 それぞれ、販売店の新設や整備拠点の拡張など活動を積極的に行っているようだ。   […]

詳細を見る