「小屋」のあるライフスタイルの提案。家の中の小屋って?

「小屋」のあるライフスタイルの提案。家の中の小屋って?

室内に小屋があったらどんな生活になるだろうか。

建築家仲介サイト運営のSuMiKa(東京・港)は室内に置ける小屋の販売を広げるとしている。

組み立てた合板で囲う空間が机や収納になる既存版があるが、それよりも価格やサイズを抑えた小屋を12月から売り出すようだ。

 

自分用の「小屋」を安く手に入れられる!?

「家の中の小屋」を知っているだろうか。

現行モデルは3種類あり、「壁にもなる書斎小屋」は椅子を置けば作業場になるほか、寝室としても使うことができる。

子どもの遊びや勉強室に適した「小屋」もあるようだ。

それぞれSuMiKaのインターネットサイトとマンション改修会社リノべる(東京・渋谷)が展示場で取り扱っており、消費者からは廉価版を望む声が多く寄せられていたようだ。

そこで、SuMiKaは中古住宅の仲介や空間デザインを手がけているツクルバ(東京・渋谷)と組んで、価格を現行のものは税別69万9千円~155万5千円とするのに対し、価格を50万円程度に抑えた「小屋」の廉価版を12月に売り出すとしている。

タンスのような外観で、屋根付きで折りたたんで収納したテーブルなどを引き出して使えるようになっている。

 

親会社のタマホームとも連携!!

販売面においては親会社であるタマホームとも連携しており、同社が運営している東京都世田谷区、川崎市、名古屋市の計3箇所のモデル住宅で11月下旬からまず現行の小屋を展示・販売し、廉価版も順次取り扱うとしている。

タマホームの新築の戸建注文住宅のアフターサービスメニューに小屋を組み込み、生活様式の変化に応じて取り入れる暮らしを提案するとしている。

また、家庭向けの「小屋」のほかに、事業所向けの「小屋」も検討しており、打ち合わせや専門的な作業、休憩などに使えるようなものにする方針のようだ。

小屋が室内にできるころで、今までと違った世界ができるかもしれない。

 

【「日経MJ」より一部抜粋。】


関連記事

生活保護の不正受給件数が過去最多更新。一方不正受給額は減少

148

日本における最後のセーフティネットと言われている生活保護は、経済的に困窮している国民に対して国や自治体が保護費を支給する制度です。社会的弱者にとって大変重要な制度ですが、金銭が直接関係することから、制度の開始から現在に至 […]

詳細を見る

会社で使える世間話のコツって?

TALK

この4月から新しく入社した人はこれから会社で上司、先輩、同僚など様々な人と会話をする機会が増えるかと思います。 会社の人間関係はこれまでの学生の時とは異なり、世代も感覚も様々な人と出会うこととなります。 そうした際に、コ […]

詳細を見る