マイナンバーの通知カードが受け取ることができなかったらどうなるの?

マイナンバーの通知カードが受け取ることができなかったらどうなるの?

マイナンバーの「通知カード」のの配達が一部地域で開始されたが、もし世帯主も家族も不在の際はどのようになるのだろうか。

 

受け取れない場合は「不在票」が投函される!!

マイナンバーの「通知カード」は転送不要の簡易書留で世帯主に届くようになっており、家族も受け取ることができるようになっている。

受領印か署名が必要で、日本郵便は地域の配達事情を勘案しつつ、夕方や夜間、土日などの在宅している確率が高い時間帯に配達する割合を増やしたいとしているが、もし不在の場合は「不在票」が投函されるようになっており、それが「不達」を引き起こす一因となるとしている。

不在票は配達物に紛れやすく、興味も引きにくいため、確認をしっかりせず、そのまま捨ててしまうことが考えられているからだ。

日本郵便は受取人の注意を促すために、通知カード専用の不在票を作成した。

これは、通常は白地だが、背景がピンクなどの色つきで「ご不在連絡票(マイナンバー)」と記されているようだ。

通知カードは7日間郵便局で保管された後に、郵便局で保管された後に市区町村に戻されることとなっている。

もし不在票を確認したら早めに再配達を依頼するか、郵便局の窓口で受け取る必要がある。

不在票にはマイナンバー専用の24時間対応のコールセンターと、郵便局の電話番号がかかれている。

再配達を希望する場合は、どちらかに電話をするか、配達希望日を記入し投函することで対応してくれるようになる。

くれぐれも面倒なことにならないようにしたい。

 

【「読売新聞」より一部抜粋。】


関連記事

子供の誤飲事故に注意!!

194

小さい子供は身の回りにあるものは全て口に入れる習慣がある。そのため、昔から、おもちゃなどの小さなプラスチック製品の誤飲が非常に多い。最近では、とある品目が最多となった。   増える薬の誤飲事故 1979年度から […]

詳細を見る

西海岸テイストのファストファッションならフリーズマートへ!!

LA

じわじわと暑さが増す毎日。洋服もだんだんと涼しげなものに変わっていくことだろう。 ただ、新しく服を買うとしてもどこも高くてなかなか手が出せないといった人も多いのではないだろうか。 そんなとき、夏のテイストを手軽に取り入れ […]

詳細を見る

全国で最低賃金の引き上げ開始!

info26

地域別最低賃金の一例(時間額) 平成26年10月より、全国で最低賃金の改定が開始されました。10月1日から26日にかけて順次改定され、最低賃金は従来よりも13円~21円引き上げられることになりました。厚生労働省は特設サイ […]

詳細を見る