格安航空会社ピーチの新チェックイン機はダンボール製!?

格安航空会社ピーチの新チェックイン機はダンボール製!?

空港で飛行機に乗る際、必ず行うのがチェックインだが、その機械は基本的に樹脂などでできているのが一般的だろう。

しかし、格安航空会社ピーチ・アビエーションの当たらし自動チェックイン機は違う。ダンボールでできているようだ。

 

「着せ替え」もできる!?ダンボール製の自動チェックイン機!!

関西空港を拠点としている格安航空会社ピーチ・アビエーションは、外装にダンボールを使った新しい自動チェックイン機を導入し、大幅なコスト削減を実現させた。

ダンボール製にすることでステッカーを貼ったり、別デザインの絵柄にしたりするいわゆるデザインの「着せ替え」も可能となっている。

 

新しい自動チェックイン機のスペックは?

第2ターミナルの国際線に5台設置している。

従来機とは違い、高さとモニターの大きさは、新型については70センチ高い約190センチあり、混雑したフロアでも目立つようになっている。

モニターは約2倍の32インチを搭載しており、1人の乗客が手続きをしている間、モニターの上部に「パスポートをご用意ください」といったメッセージを表示されるようになり、後方で順番を待っている乗客らに準備を促す機能があるほか、機内持ち込み手荷物や機内食の紹介情報も映し出される。

また、乗客がバーコードを読み取ると、予約の際にその乗客が使った言語(日本語、英語、中国語、韓国語)に自動で切り替わる使用にして利便性を高めている。

 

【「朝日新聞」より一部抜粋。】


関連記事

大塚家具が家具販売「激戦区」へ出店へ。

洗面所

業績低迷が続いている大塚家具が、あえて家具販売「激戦区」である千葉県船橋市の商業施設に「南船橋店」を開店した。 同フロアの真向かいにはニトリが出店済みで、近隣にはイケアやアクタスなどが密集している。 「回遊客」の取り込み […]

詳細を見る