現代の若者は背が高い!?日本人の平均身長をチェック!

平成24年 国民健康・栄養調査 身長・体重の平均値

平均身長

男性平均 167.3cm 66.0kg
20歳 170.9cm 64.6kg
50代 168.6cm 68.0kg
70歳以上 162.1cm 61.4kg
女性平均 154.2cm 53.0kg
20歳 157.8cm 51.6kg
50代 156.1cm 55.2kg
70歳以上 148.2cm 50.3kg

統計でもわかる「最近の若者は細くて背が高い」

「最近の若者は、昔に比べて細くて背が高い」という話を耳にしたことはありませんか? 厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、平成24年(2012年)の日本人の平均身長体重は20歳男性170.9cm 64.6kg、女性157.8cm 51.6kgとなっており、昭和50年(1975年)の男性166.9cm 58.6kg、女性156.1cm 49.7kgと比較すると、男女共に伸びを見せています。また更に遡って、戦後の復興の兆しが見え始めた昭和25年(1950年)では男性161.5cm 55.3kg、女性150.8cm 50.7kgであり、60年ほどの間に成人の体格は大きく変化していることがわかります。
興味深いことに、男性が身長体重共に大きな伸びを見せているのに対し、女性は身長の伸びほど体重が増えていないことが分かります。単純に考えると、平均的に痩せ型の女性が増えたということになるでしょうか。「最近の若者は細くて背が高い」は、統計的にも正しいようですね。

昔の日本人は背が低い

日本人の平均身長は江戸時代末期が最も低く、明治維新以後、食糧事情の悪化した戦中戦後の一時期を除いてほぼ右肩上がりを続けています。栄養事情の変化、とりわけ戦後の欧米型食生活による動物性たんぱく質の摂取量増加が、身長の伸びに大きく影響したと推定されています。特に1960年代前後の高度経済成長期に合わせるように平均身長の大幅な伸びが現れており、生活や食事スタイルの変化が身体的にも現れたと言えそうです。これは世界的にも見られる傾向であり、1900年代以後は世界的に平均身長が伸びた地域が多くあります。特に東アジアや西欧、北米などは顕著であり、北米は100年で20cm近く平均身長が伸びたとも言われています。一方で東南アジアやアフリカは右肩上がりであるものの、変化は極めて緩やかです。

身長は遺伝的要因が大きいとされており、人種による差が顕著に見られます。
しかし人種的に大きな変化がなかった戦後日本で平均身長の伸びが見られたことからも分かるように、遺伝が全てとも言えません。身長のメカニズムはいまだ解明されていない部分が多く、栄養状態との関連も仮説の段階なのです。高身長を目指す人にとっては、早く解明されてほしいところですね。

【関連リンク】
[平成24年 国民健康・栄養調査報告]厚生労働省 link
[国民栄養の現状]独立行政法人 国立健康・栄養研究所 link
[平均身長の長期推移(日本と世界各地域)]社会実情データ図録 link


関連記事

保育所に寄付すれば所得税が安くなる!?

111

納税者が自治体や特定の法人などに寄付を行った際に所得税が優遇される制度が、2015年から一部拡大されることとなりました。対象となるのは、保育所・幼稚園など子育て施設への寄付です。 税優遇で保育所への寄付を 私立幼稚園を運 […]

詳細を見る

大人の男女のいい付き合い方をするヒント。

info91

最初は「気が合うな。」と思っていたが、いざお付き合いがはじまり落ち着いてくると「思っていた人と違った。」といった経験をしたという話はよく聞きます。逆に「自分と少し違う考え方を持つ人だと思っていたが、いつのまにか付き合いが […]

詳細を見る