北海道新幹線の運賃は2万2690円!?

北海道新幹線の運賃は2万2690円!?

2016年3月26日に開業する北海道新幹線(新青森-新函館北斗)の運賃を発表した。

空路より2割弱安い値段設定となった背景には、様々な苦悩があったようだ。

 

北海道新幹線整備にコスト増!?JR他社新幹線より割高に…。

北海道旅客鉄道(JR北海道)は来年春に開業する北海道新幹線の運賃を発表したが、集客面で課題があることが懸念されている。

 

航空運賃より安く設定し、ビジネス客の利用を見込む。

新青森以南は東日本旅客鉄道(JR東日本)が運行する東北新幹線と直通運転を行い、東京から新函館北斗までの運賃は、羽田-函館間の航空運賃(早期割引の中心価格帯)より2割弱ほど安く設定し、主にビジネス客の利用を見込んでいる。

仙台から新函館北斗までは1万7310円、新青森からは7260円で、ファーストクラスに当たる「グランクラス」は東京から新函館北斗までで3万8280円となる。

●北海道新幹線開業後の新函館北斗までの運賃

運賃 所要時間
東京から(1日10往復)2万2690円 約4時間
仙台から(1日11往復)1万7310円 約2時間半
新青森から(1日13往復)7260円 約1時間

※飛行機の羽田~函館間は約1時間20分で2万7000円程度。1日8往復。

(注)新幹線は普通車指定席の運賃と特急料金の合計。飛行機は早期割引運賃の中心価格帯。

 

北海道新幹線の1キロ当たりの特急料金は東北新幹線の1.25倍!?

北海道新幹線は整備コストの高さから運賃が、JR他社の新幹線と比較すると割高となっている。

北海道は積雪寒冷地のため、営業区間の5割以上を貨物列車と共用で走る特殊な線路なうえ、安全のために新システムを導入している。

通貨する世界最長の海底トンネル・青函トンネルも、開業から30年が経った今、老朽化対策が欠かせないような状態となっている。

社内では国に支払う線路などの使用量を見込んで、特急料金をより高く設定する議論もあったようだが、航空機と全く勝負にならないような価格にしたところで集客に繋がらないと議論した結果、発表した値段に落ち着いたそうだ。

開業後の集客状況に注目していきたい。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

ワイヤレスイヤホンでスマホに指示!ハンズフリーで楽々操作。

イヤホン

スマートフォン(スマホ)を音声で操作できる無線方式のワイヤレスイヤホンが相次いで発売されるとして話題になっている。 話しかけることで音声で返答したり、スマホが指示通り動いたりと移動中のハンズフリーが可能となるようだ。 & […]

詳細を見る

東京外大流のスーパーグローバル人材育成

157

日本における各大学では、世界に通用するグローバルな人材を育てようと躍起になっている。 そんな中で、東京外国語大学においては、スーパーグローバルな人材を育てる対策をしていた。 外国語を喋れるだけではもう遅い!?文化について […]

詳細を見る