世界ブランドランキングを発表!!トヨタが6位に!?

世界ブランドランキングを発表!!トヨタが6位に!?

日本だけではなく、世界にも知られているブランドがある。

大きなブランド力を誇る企業は格付けランキングに名前を募らせている。

ブランドコンサルティング大手の米インターブランドは今年も上位100位を発表したようだ。

 

トヨタは世界6位のブランド力!?日本ブランドのランキングはいかに。

米インターブランドが発表した2015年世界ブランドランキングでは、6位にトヨタ自動車がランクインしていた。

トヨタは前年8位から6位に浮上し、08年以来の最高位となっており、世界的にも認められたブランドともいえる程の地位を獲得している。

その一方で、ゲーム機大手の任天堂が01年から初めて圏外となった。この背景にあるのがスマートフォン(スマホ)向けゲーム市場での出遅れがあると考えられている。

そのほか、自動車大手ではホンダは19位、日産自動車は49位となっており、それぞれ前年の20位、56位から順位を上げている。

自動車のそれぞれのブランド価格についてはトヨタは16%増、ホンダが6%増、日産は19%増と大きく伸びを見せた。

自動車以外はキヤノンが40位、ソニーが58位、パナソニックが65位でそれぞれ後退していた。

海外ブランドにおいては、玩具大手のレゴグループ(デンマーク)はサイト充実などでファンを増やしているようで、82位で初めてランクインをしていた。

排ガス試験を巡る不正問題が明らかになった独フォルクスワーゲン(VM)について9月末に再調査したところ、ブランド価格は9%減っていた。

順位についても前年31位から再評価においては35位に後退していた。

インターブランドはブランドが消費者の購買動向に与える影響や財務状況などを分析して評価し、ブランド価格を金額に換算してランク付けしているものだ。

どれだけブランド力があるのかが一目でわかる。

 

【「日本経済新聞」より一部抜粋。】


関連記事

生活保護の不正受給件数が過去最多更新。一方不正受給額は減少

148

日本における最後のセーフティネットと言われている生活保護は、経済的に困窮している国民に対して国や自治体が保護費を支給する制度です。社会的弱者にとって大変重要な制度ですが、金銭が直接関係することから、制度の開始から現在に至 […]

詳細を見る